記事提供:CELEBLY

2004年4月TBS系列、妻夫木聡さんと柴咲コウさん主演で放送されたテレビドラマ「オレンジデイズ」の主題歌だった「sign」。その耳に残るメロディーと桜井さんの甘い歌声が聴いていて感動を誘う一曲です。

結婚式の退場シーンや再入場のBGMとしても人気のsign。その歌に込められた本当の意味とは?

2004年4月~妻夫木聡主演で放送された青春ドラマ「オレンジデイズ」

2004年4月~TBS系列で放送された青春ドラマ「オレンジデイズ」。妻夫木聡さん、柴咲コウさん、成宮寛貴さん、白石美帆さん、瑛太さんが出演し、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の姿を描いています。

当時世代だったという方はもちろん、まさに青春!な5人の姿に憧れたという方もきっと多いのでは?

「身体でも心でもなく愛している」

2011年、20代女子に聞く「映画化してほしい恋愛ドラマ」ランキングで見事第一位となった「オレンジデイス」。

その主題歌として歌われたのがミスチルが歌う「sign」でした。ミスチルの桜井さんはドラマ台本を読んだ後、楽曲の製作に取り掛かったため、ドラマに沿っている部分もあるのだそう。

“届いてくれるといいな 君の分かんないところで 僕も今奏でてるよ”

という歌詞で始まる一曲に、ドラマを見ている人はもちろん、見ていない人もその歌詞の深さにじーんときます。

※『escala cafe』にて2011年1月にWebアンケート。有効回答数310件(escala cafe会員:22歳-29歳の働く女性)

出典 http://woman.mynavi.jp

究極のラブソング「sign」に込められた大切にしたい想いとは?

聴いているとなんだか素直になれそうな気持ちになる「sign」。

結婚式の退場シーンや再登場シーンなどでも使用されることが多く、世代を越えて愛されているミスチルの名曲です。

そして、この歌には「ありふれた日々を大切に」という想いが込められており、時間は無限にあるわけではなく、大切な人と生きられることは決して、当たり前ではないということを教えてくれます。

出典 YouTube

今、目の前にいる自分にとっての大切な人。いつまでも一緒にいられるわけではなく、時間も永遠に続くわけではありません。

一緒にいることが当たり前と思ってしまいがちですが、そういった当たり前こそ大切にして生きていきたいと思える素敵な一曲です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス