今年の2月に父、正志さん(享年79)をがんで亡くしたSMAPの中居正広さんが、5月17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。芸能界の友人として仲良くしている番組MCのダウンタウン・松本人志さんが、父、正志さんのお見舞いに来てくれていたことを明かしました。

中居「松本さんがいるからってわけではないんですが、去年の『HEY×3』を見てたんですよ。で、松本さんのお父さんも去年亡くなられてて、その話は聞いてたんで。で、HEY×3の最後に、『チキンライス』っていう、浜田さんが歌った歌が流れたんですね。そん時に、みんなが輪になってニコニコやってたんですけど、僕、松本さんをずっと見ちゃって、この歌詞、松本さんが書かれてたじゃないですか。だから松本さんだけちょっとやっぱり、なんか温度が違うように見えてしまったんですよ」

松本「(笑)全然そんなつもりで書いた歌詞じゃないんやけど、家族がテーマになってもうてるからな、そう考えるのか」

中居「耐えられるのかなと思って。“ちょっとあれしんどくなかったですか?”って(松本さんに聞いたら)“まぁ、そういう年齢に差し掛かったかな”くらいの話だったんですよ。で、その後、松本さんと年始にご飯を食べる機会があって、実は僕のお父さんも(肺がんで)ぼちぼちかもしれませんねって報告させてもらったんです。」

東野「中居くんのお父さんの状況を松本さんに報告したと」

中居「はい。で、松本さんは全然、僕のお父さんとは面識なかったんですけれども、酔った席だったからかわかんないですが、“もしあれだったら俺、なんか(お父さんのために)できることあるかな”って言ってくれたんですよ。“もしあれだったら、会いたいんだけど、どうかなー”って。いやでも松本さんとは面識もないですしって言ったんですけど“でもお父さんが喜んでくれるんだったらば、ちょっと行ったろか”みたいな。

そしたら、帰り際にも“もしあれだったらほんっと連絡して”って言ってくれたから、じゃあ月曜日に来れたら来てくれますかって。そしたら本当に松本さん病院に来てくれて。一人で(笑)」

松本「あかん、この話あかんわ~」

中居「(笑)そしたら鶴瓶さんも(父と)面識があったんですよ。タモさんも。で、タモさんと鶴瓶さんと松本さんが(その日に)来てくれたんですよ」

全員「へぇ~!」

中居「でその当時もう父は喋れないですし、起き上がれないですし、かなりげっそりしてたんで、ほんと亡くなる1週間くらい前だったんで、一人だと背負っちゃうじゃないですか、だから全員で来ていただいた方がいいからって3人同じ日に来てもらったんですけど」

出典2015年5月17日放送『ワイドナショー』

『ワイドナショー』では、タモリさんと鶴瓶さんと松本さんの3人が来てくれたという話をしていましたが、実はこの日、もう一人この場にいたのです。

中居と父のアルバムを持ってきたSMAPのメンバー

出典 http://www.1242.com

この日のお見舞いの席に居合わせた笑福亭鶴瓶さんが、自身のラジオでこの日の話をしていました。

まず最初に(顔)見せたらいいわって急いで行ったんですよ。僕が最初でした。まさかそんな人たちがみんな来るなんて思ってなかったんですけど、僕が最初で、でお父さんも喜んで、俺の顔見て「笑瓶ちゃんは?」って言わはったんですよね(笑)

そのあとタモリさんが来たんですよ。タモリさんがきて、まぁ、大人としての対応ですよね、なんかこう“お見舞い”って書いた何かを持ってはって、渡したんですよね。そしたらスッと中居が俺の顔見よったんですよね。「いや、違うがな!俺はお前に“体一つで来てくれればいいから”って言われてとにかく急いで来たんやって(笑)

そして次にダウンタウンの松本が来よってね、そんなに呼んでんのかって思ってパッと松本を見たら、松本はこれまた優しいやつですわ、昭和の建築とかロマンポルノとかの写真集をもって来てたんですよ。お父さん退屈やろうからって。そしたらまた中居が俺の顔を見るわけですよ(笑)

するとそこに香取が来てね、香取はね自分で作った、中居とお父さんのアルバムみたいなものを持ってきたんですよ。これまた優しいがな。だからもう俺は今着てる“笑福亭鶴瓶”って書かれたパーカーがあったんで、もうそれ脱いで「これ渡すわ」と(笑)

出典2015年5月17日放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』

そのもう一人とはなんとSMAPの香取慎吾さんでした。中居さんの口からは語られませんでしたが、心温まるお見舞いを持ってきていたのですね。

みんなで1時間ほど楽しい時間を過ごしたそうですが、そこで中居さんはあらためて、松本さんと友人でいることを嬉しく思う出来事があったそうです。

東野「松本さんが芸能界の友達は誰かって言われたら中居くんかなっていうくらいの関係性がありますから」

中居「僕も、芸人さんとしてもそうですし、男同士ってやっぱ面白いもんで、お付き合いしていく上で、どっかでなんか惚れてる部分ってどっかにあるんですよ。尊敬してる部分とか、技術的なものもそうですし、人間的にちょっと惚れてないと付き合えない気がするんですけど。

ほんっとそのとき改めて感じたんですが、タモさんが先にスケジュールの都合で帰ることになって、鶴瓶さんも帰ることになって、他にも病室に一人、二人いたんですけど、みんな帰るってなったので、じゃあ松本さんも帰ってくださいって言ったら、“そらあかんわ”って。いやでもほんっと一人だとしんどいんでって言っても“あかんって。こんだけワーワーやってて、一斉にワッて帰ったら、お父さんが寂しすぎるから、俺は残るわ”って…。

俺、それ言われた時に、まぁ、ほんとにこういうお付き合いをさせてもらって、その瞬間にそれ考えられる人、感じられる人?やっぱりこの人、間違いない人だなって。」

松本「いや、違うんですよ、うちの親父が時期的に(重なった)ってのもちょっとあるかなー。ほんっと数ヶ月前ですからね(父を亡くしたのが)うちも」

中居「いや、来てくれたことの嬉しさもそうですけど、ほんっとこんなことを言ってくれたことも。この人とお付き合いしてて本当によかったなって、僕の目にも狂いはなかったなって思えましたし」

出典2015年5月17日放送『ワイドナショー』

2000年に日本テレビ系で放送されていたドラマ『伝説の教師』で共演して以来、仲良くしているお二人ですが、ここまで深い絆で結ばれているとは知りませんでした。

放送を見た視聴者の感想

この日は、先日末期の大腸がんであることを公表した俳優の今井雅之さんの話もとりあげられていたので、今井さんとも交友関係のある中居さんを気遣うような松本さんの姿も垣間見えました。

気遣いを褒めちぎる中居さんの言葉に終始照れ笑いを浮かべながら、額に汗をかいていた松本さん、かわいかったです。

正志さんが亡くなったのが2月であるにも関わらず、中居さんがラジオで公表した5月までの間、どこにもこの話が漏れなかったことについて、各分野の専門家として出演している芸能リポーターの井上公造さんも「僕はもっともっと知っている人が少ないと思っていたので、今のお話を聞いて、周りの友達とかも含めてすごいなと思いました」と周囲との信頼関係を称賛していました。

亡くなる1週間前だったようですが、病室を訪れた松本さんに対して、筆談で「浜ちゃんは?」と、最期までユーモアを忘れなかった正志さん。

父が最期の力を振り絞って書いた中居家の家訓

出典 http://www.gettyimages.co.jp

病床の正志さんに中居さんは「中居家の家訓を書いて残して欲しい」と頼んでいたのでした。

最期の最期まで「家訓を書いてくれ!」と 中居パパに頼み続けた中居くん。

そして力を振り絞って遺してくれた中居家家訓…

「求めるな 与えよ」

出典 http://ameblo.jp

正志さんが最期の力を振り絞って書いた、中居家家訓、

『求めるな、与えよ』

この言葉が、正志さんの亡骸のもとに置いてあったそうです。それを見た笑福亭鶴瓶さんは「まさにあいつ(中居さん)がやってることなんですよ」と自身のラジオ番組で語っていました。

中居さんがこれだけの大物と呼ばれる方たちに愛され、信頼されているのは、この家訓を自然と父である正志さんから受け継いでいたからなのかもしれません。中居さんはきっとこれからもお父さんの教えを守り、『与え続ける人生』を送られるような気がしました。

この記事を書いたユーザー

のぶろんそん このユーザーの他の記事を見る

寝ても覚めても猫・猫・猫♥異常なまでの(?)猫愛を生かした猫記事を中心に書いています。根っからの猫好きさんはもちろん、猫に興味がない人までも猫好きにできれば本望です。猫もネコもだいすきです^^^^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス