Oxfamとは?

出典 http://www.independent.co.uk

Oxfamは、1942年にイギリスのオックスフォードで発展途上国における飢餓救済のために設立されたイギリスで最も大きいチャリティ組織の一つである。今やその活動は世界規模で行われている。


その使命とは?

出典 http://www.telegraph.co.uk

Oxfamは数多くあるローカルパートナーでもある他のチャリティ団体と協力し、発展途上国に多い飢餓や貧困、または彼らの人権を尊重しサポートする組織である。

街にはチャリティショップを設け、不要になった服や靴などを入れる「bank」と呼ばれる大型メタルボックスを設置し、また店内にはチャリティー商品だけでなく発展途上国で作られたfare tradeの商品も数多く並べられている。

その売り上げは全て寄付

出典 https://www.expatads.com

コーヒーを始めとするfair tradeの商品はクオリティも高く、チャリティショップの中では少々高めの値段で売られてはいるが、この売り上げは全て組織に寄付されている。

出典 http://www.192.com

Oxfamは、洋服や靴、その他色んなものが売られているショップと本とレコードだけが売られているOxfam Bookshopもある。イギリスでは、本は普通の本屋で買うと結構高いのでこのようなチャリティショップで買う人も多い。

切っても切り離せないイギリス人とチャリティの関係

出典 http://www.charitybags.org.uk

ここで、イギリスのチャリティ組織について少し説明してみよう。



18世紀中頃までは、イギリスではチャリティー活動というと金持ちの上流階級の人々による慈善活動が主流であった。つまり一般市民は、慈善活動をするほどの余裕が全くなかったからだ。

しかし19世紀になり、政府によって、すさんだ下流階級の酷い状態を改善するために多くのチャリティ団体が設立された。

カテゴリーだけでも28つ

出典 http://www.03numbershop.co.uk

今現在ではイギリスには数えきれないほどのチャリティ組織があり、至る所にチャリティショップがある。

あなどるなかれ、イギリスのチャリティショップ!

出典 http://www.mswandas.co.uk

Oxfamだけでなく、イギリスの全てのチャリティショップには掘り出し物が意外に多い。Used(中古品)だけではなく、新品のアイテムもかなり安く売られていることがある。アンティークのアイテムも多いので、掘り出し物に出会った時は結構嬉しくなる。


出典 http://www.kerith.co.uk

チャリティショップにより置かれている商品の種類に多少の違いはあるが、主に洋服、靴、バッグ、そして本やレコード、子供のおもちゃ、日用品などが売られている。

あの有名な老舗陶磁器ブランドまで!

出典 http://www.ebay.ca

特にあなどれないのが、チャリティショップに並べられている陶磁器類だ。有名な老舗ブランドのセットが3ポンドなどで見つかった時には思わず小躍りしたくなる。

セットで売ってる場合もあるし、単品で売っている場合もあるがいずれにしても1ポンドや2ポンド代で、しかも全く欠けていない有名ブランドのお皿や一輪挿しが買えるのは陶磁器ファンにはたまらない。

金は天下の回り物ならぬ…古着は天下の回り物!?

出典 http://www.geograph.org.uk

イギリス人の中にはチャリティーショップでしか服を買わないという人もいる。そして着古せば、またチャリティショップか「bank」に持って行くのだ。お金をかけずにusedのアイテムで日常をやりくりするイギリス人は意外に多いのだ。

メディアを通したチャリティ活動も人気

出典 http://www.innovationlabs.org.uk

Comic Reliefとは1985年に創立された大規模なチャリティ活動で、別名Red Nose Dayとも言われる。

あのone directionも参加

出典 http://www.polyvore.com

この期間中は、イギリス中のセレブやアーティスト、俳優、ニュースキャスターなどがこぞってこのチャリティ活動に参加し、TVを見ている視聴者と共に寄付を募る、というプログラムだ。

そして集まった寄付金はTVなどのメディアを通してタイムリーに放送され、ますます国民のチャリティ活動精神に火をつけるのだ。

lulu guinnessとのコラボアイテムも!

出典 https://www.jutexpo.co.uk

このように有名デザイナーとのコラボアイテムも、チャリティー活動の一環として利用されており。大手スーパーのSainsburysで売られているこのlulu guinnessとred nose dayとのコラボアイテムであるエコバッグは売り切れになるほど人気が高い。

身近な所から、身近なことから始めよう

出典 http://www.theguardian.com

そんなわけで、チャリティ活動は、イギリス人とは切っても切れない関係にある。イギリスでは、一般人はもとより、精力的にチャリティ活動をしている著名人も多い。日本ではあまりこういった活動は目立っていないので、是非、このイギリス人のチャリティ活動精神を見習いたいものだ。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス