poshな紅茶ブランドの紅茶には興味なし

出典 http://www.theguardian.com

イギリス人にとって紅茶は毎日の飲み物に欠かせないもの。今はコーヒーやカプチーノ、カフェラテなど、カフェでは紅茶以外の飲み物が人気だが、家ではまだまだ紅茶の需要が高い。

そしてその紅茶は、日本人が好きなイギリスの高級ブランドの、ではなく庶民のための紅茶カンパニーの紅茶がイギリス人には大人気なのだ。

ティーバッグが人気

出典 http://www.optimallyorganic.com

イギリス人は自宅で飲む紅茶はもっぱらティーバッグだ。イギリスで紅茶のイメージといえば、アフタヌーンティーが典型的なイメージだが、普段、イギリス人はリーフティーはほとんど飲まない。

簡単にお湯を注いで飲めるティーバッグを常備している家庭がほとんどだ。

人気はこちらのティーバッグ

出典 http://www.amazon.com

その名の通り、イギリスのヨークシャー州のHarrogateにある老舗ティールーム、Bettys and Taylors of Harrogateにより1886年に設立された紅茶ブランドである。アッサム、スリランカ、ケニアの茶葉をブレンドしたBlack teaで、イギリスの硬水に適した紅茶なのでミルクティーにして飲むのが主流だ。

ヨークシャーティーはヨークシャーではもちろん、イギリス全国で知られている有名な紅茶だ。

更に硬水エリアの人のために

出典 http://www.mysupermarketbulgaria.com

イギリスは全体的に硬水度が高い。そしてその度合いはエリアによっても違う。そんな更に硬水エリアの人の為に発売されたのがこちらだ。熱いお湯をそそぐと結構しっかり出るので、濃い紅茶が好きな人にはおススメだ。

ミルクをたっぷり注いで飲むと最高に美味しく、これぞイギリスの紅茶だ、と思わせられる。

最高の茶葉をブレンド

出典 http://www.serendipityemporium.com

こちらはヨークシャーゴールドティー。ヨークシャーティーの中でも、ワンランク上の紅茶だ。こちらもミルクを入れて飲むのが主流。



お土産にもどうぞ

出典 http://www.pippinstea.com

もちろんディカフェティーもある。そしてリーフティーでも売られているのでリーフティー好きな日本人にはこちらのお土産が適しているかもしれない。本場ヨークシャーで生産された、上質の香り高いヨークシャーティーを是非味わってほしい。

その他人気の紅茶ブランド

出典 http://www.thedrum.com

こちらもイギリスでは不動の人気の紅茶、Tyhoo手ィーだ。1903年にバーミンガムで設立されたティーカンパニーである。設立者のアイデアで、「他にはない特徴ある名前を」ということでこのTyhooという名前が付けられた。

名前の由来は、中国から来ており、その意味は「Doctor」らしい。感じで書くと「丈夫」らしいので、今後の根強いビジネスへの期待を込めてそう名付けられたのかも知れない。期待通り、今でもTyhooティーを愛するイギリス人は多い。

マンチェスターからも

出典 http://tasteworcester.com

こちらのPG Tipsカンパニーは1930年にマンチェスターで設立された。ヨークシャーティー、タイフーティーと合わせてこの紅茶ブランドもイギリスでは人気だ。

ティーカップよりマグカップが一般的

出典 http://www.ciderwithrosie.com

浅いティーカップはイギリス人は好まない。マグにビスケット。これが一般的なイギリス人の紅茶の楽しみかたである。しかもビスケットを紅茶に浸しながら食べるのだ。お年寄りだけではなく、若者も、子供も、みなやっている。

ふやけたビスケットの食感は頂けないが、イギリス人は紅茶とビスケットというとその食べ方しかしない。家でも、カフェでも、だ。


イギリス好きのあなた、イギリス人に一歩近づきたいならまず、ビスケットを紅茶に浸して楽しむことからスタートだ!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス