名前は聞いたことあるけれど、意外と知らないハーブの知識。難しく考えずに、日々の生活に少しだけ取り入れてみましょう。疲れた心と身体に、ゆとりあるリラックスタイムが訪れますよ。

心の落ち着きを取り戻すペパーミント

出典 http://www.gettyimages.co.jp

メントール成分のすがすがしい香りが印象的なペパーミント。不安や悲しみ、恐れなどで感情のコントロールが利かないとき、眠れないときなどにペパーミントティーを飲むと、心が落ち着きぐっすり眠れます。

消化を助け、口の中をさっぱりさせるので、ゼリーにして食後にいただくのもお勧めです。

★ペパーミントゼリー
鍋にゼラチン水と砂糖1カップを入れて火にかけ、水で溶かした粉ゼラチン大さじ2杯を加えて溶かします。それから火を止めてあら熱を取り、ペパーミントリキュール大さじ2杯を加えます。その後冷蔵庫で冷やし固め、ペパーミントの葉を飾ります。

脂っこい物を食べた後などに最適ですよ♪

疲労・食欲不振には迷わずレモングラス

出典 http://www.gettyimages.co.jp

レモングラスは高さ1m以上にも成長し、どちらかといえば雑草のような外見のハーブです。しかし、その味、色、香り、養分は記憶力を高め、心身をリフレッシュさせる力があります。

寝起きで頭がボーっとしているときや、眠くなったときには特におすすめ。
ほかにも胃弱、のどの痛み、疲労などにも効果が期待できるので試してみましょう。

価格変動が激しい上に当たり外れのあるレモンよりも、使い勝手の良いレモングラス。
肉や魚の焼き料理に使えば、普段のおかずをぐんとグレードアップさせることができます。

また、ガーリックやチリ、生のコリアンダーなどと相性が良いので、エスニック料理には是非加えてみてください♪

ふさぎ込んだ時には迷わずローズ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「花の女王」として多くの人を魅了してきたローズ。外見の美しさだけでなく、甘く魅惑的な香りが魅力です。

ローズを使うときは食用や自家製のものを使いましょう。園芸店やお花屋さんのバラには農薬などがかかっている場合があります。

★ローズジャム
根元の白い部分をカットしたローズの花びら1カップを細かく刻み、レモン汁1/2個分を混ぜる。鍋に水2カップと砂糖1カップを入れ強火にかける。煮立ったらローズを入れ、とろ火で煮詰める。ぜひ試してみてください♪

美肌効果抜群!ブルーマロウ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ブルーマロウは不思議なハーブ。青い花に熱湯を注げば、たちまち鮮やかな美しい青紫色のティーとなり、やがて薄い赤みがかった紅茶のような色へと変化していきます。

この色の移り変わりが、夜明けから朝焼けに染まる空の色に似ていることから「夜明けのハーブティ」とも呼ばれています。

のどの痛み、風邪などの時にオススメのブルーマロウ。抽出液を薄めて化粧水代わりに使えば美肌効果も抜群。故グレース・ケリーもブルーマロウをこよなく愛したといわれています。

ローズヒップには天然のビタミンがたっぷり

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ローズヒップとは、野ばらの実。

ビタミンCやA、カロチン、カルシウムなどが多く含まれており、身体の中から綺麗にするハーブとして有名です。甘酸っぱいその実は、合成のビタミン剤ばかりが出回る昨今、貴重な天然ビタミンの供給源です。

疲れ目や喉の痛み、肌荒れなどに良い効果が期待でき、女性に不足しがちな栄養素をたくさん摂れるので是非取り入れたいところ。

また、ローズヒップティーを淹れたあとの実にも栄養はたくさん残っています。
残りの実は、蜂蜜に漬けておいてさわやかな朝食としてヨーグルトと一緒に食べるのもオススメです。

フェンネルの利尿作用でデトックス

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ちょっぴり癖のある香りが特徴のフェンネル。利尿作用があるので、むくみや水分代謝の悪い肥満に良いと言われています。また消化を助ける働きもあるので、インドなどでは砂糖漬けにしたフェンネルの種子を食後に食べる習慣があるそうです。

魚との相性がとてもよく、ソースにしたり詰め物に混ぜたりして使われます。

★フェンネルソース
オリーブ油でたまねぎとフェンネルの根や茎をいためる。一口大に切った鮭、穀と背わたを取った海老を加えて炒めて白ワインを加えて火を入れる。小麦粉を加えて炒め、更に生クリームを加える。最後にトマトをパスタのゆで汁に加え、塩コショウで味を調える。

注意事項

ハーブは良い作用があると言われている植物ですが、何かの症状を軽減しようとして飲む場合には注意が必要です。

自分のその時の症状に合ったものかをよく見分けましょう。

妊娠・授乳中の方は、特に気をつけて下さい。この時期に限っては摂ってはいけないものも多くあります。

香りを楽しみリラックスするために、ハーブティや料理のスパイスとして少量のハーブを利用するのであれば、ハーブの効果を気にせずに飲んでも構いません。

この記事を書いたユーザー

starglory このユーザーの他の記事を見る

通信制大学にて心理学を専攻していましたが、どうにか2014年の3月に、無事に卒業となりました。

虐待(近親姦含む)や性暴力被害、デートDVや共依存の泥沼などにより病み、カウンセリングと投薬によって治療中です。

統合失調症
複雑性PTSD
自閉症スペクトラム障害
…この3つが複雑に絡み合ってるっぽいです。
摂食障害とかもあります。

2012年の夏まで3年半ほど、学習障害を抱えた生徒たちのための、寺子屋式の塾にて働き抜きました。

権利侵害申告はこちら