皆さんは、お母さんとの関係は良好でしょうか?実は、最近お母さんとの関係が重い、もっと厳しいことを言ってしまうと関わりたくないとまで思う人が増えているのだそうです。

そして、そのようなお母さんのことを「毒母」と呼びます。一体この「毒母」とは、どんなお母さんなのでしょうか。

毒母の生態

出典 http://www.gettyimages.co.jp

暴力や虐待、過剰な干渉などによって、子どもを自分の支配下に置こうとする

出典 http://www.excite.co.jp

ここでいう暴力は、肉体的なものだけではなく言葉による暴力も含まれます。また、子ども自身が成人しても支配下に置く傾向があるのです。

具体的な事例をあげていきましょう。

子どもの幸せを願うどころか、片っ端から破壊しているお母さんばかり…。子どもを一個人として尊重するのではなく、自分に服従させているように見えます。

そして、さらにひどいケースとして、他の子ども(被害者の兄弟)まで巻き込むものもありました…。

他の兄弟と差別される

出典 http://www.gettyimages.co.jp

子供のころから、兄弟と差別され、理由もなく「弱いものいじめをする人間だ」と責められ、母の八つ当たりの対象だった私。

出典 http://yuuhi444.seesaa.net

そのうち、兄弟は私ことを頭をけりつけるなど、軽い暴力を振るうようになりました。でも、誰も注意することはありませんでした。

兄弟は、私の部屋から物を取って、返さないようになりました。でも私は文句を言えませんでした。

出典 http://yuuhi444.seesaa.net

幼い頃は仲良しだった兄弟。しかし、いじめてくるようになり最終的には兄弟から「被害者ぶるな」とまで言われたそうです。

何かお母さんに吹き込まれたのでは?と、この方は綴っていました。

こうした毒母に悩まされるのは、娘さんが多いのですが一体なぜなのでしょうか?

お母さんに分身のように思われる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

母親は女の子を産むと自分の分身のように感じることがあります。男の子だと性別が違うので、その子が育っていく姿を割と客観的に見ていきやすいでしょう。

しかし女の子となると、着る洋服、言動、習い事、友達や彼氏のこと、全てに自分の価値観を当てはめてしまう傾向にあります。

出典 http://josei-bigaku.jp

女の子の場合、同性ということもありお母さん自身の価値観を、子どもに押し付けてしまいがちとのこと。

お母さん自身が果たせなかったことを、娘に果たしてもらおうとすることもあれば、反対にお母さんが苦労したことを子どもには経験させまいとしたり、その行動パターンは多岐に渡ります。

エスカレートした場合は、娘の出産や育児方針にまで口出しするようになることもあるそうです。

では、毒母と呼ばれるお母さん達にはどんな特徴があるのでしょうか。

こんなお母さんは毒母になりやすい…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

・生活や子育てに対する不安の強い母親

・心身の病気を患って余裕のない母親

・母親自身が心理的充実に飢えている

・家庭にしっかりした父親の存在感がない

出典 http://ren-ai.jp

どうでしょう?皆さんのお母さんは、当てはまっていませんか?

また、こんな毒母に限らず子どもをを支配しがちな家庭の傾向について、次のような見解を述べている方もいました。

男尊女卑が毒を生んでいる?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

・九州で生まれ、育った人の中に毒親となる親が多い傾向にある

九州には、『男尊女卑』という根深い問題が、家族もしくは夫婦の中に存在します。実は私も九州で生まれ育った人間でもありますが、田舎になればなるほどこの習慣はまだ残っています。

出典 http://josei-bigaku.jp

男尊女卑の根本には、理不尽な抑圧があります。

「男性の言うことは絶対」「夫の言うことは絶対」「父の言うことは絶対」が、「親の言うことは絶対」に繋がっていくのです。

そして、娘さんに限らず子どもが自分の意志を伝えた時に踏みにじったり、あるいはお母さんが我慢していたことを、子どもがすることが許せずに攻撃したりするのではないかと分析していました。

おわりに

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お母さんと子どもは、あくまでも別の人間です。目標も違えば、歩む道も違って当たり前です。

親子間に限らず、個人を尊重しつつ困った時は手を差し伸べるという、適度な距離感はどんな間柄にも必要なのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス