スイーツの街として知られる神戸。有名なあのお店も実は神戸発祥!最近では神戸以外にも多く出店しているので、目にする機会も増えてきました。

選んで間違いはない神戸スイーツを6ブランド紹介します。

1. モロゾフ

1931年、神戸トアロード。モロゾフは、チョコレートショップとして誕生しました。以来、カスタードプリン、チーズケーキ、クッキーなど、お客様の笑顔のために魅力あるスイーツを提供し続けています。

出典 http://www.morozoff.co.jp

モロゾフと言えば、プリンが有名!ガラス容器に入ったプリンは関西では特に長年愛されていて、食べたあとのガラス容器は捨てずにずっと活用している家庭が多くあります。

やや小ぶりのチーズケーキや缶に入ったクッキーなど、モロゾフの洋菓子はどこかで目にしたことのあるものばかりです。

2. ゴンチャロフ

ゴンチャロフ創業の祖となったロシア人、マカロフ・ゴンチャロフ氏は、革命に揺れる祖国を後にして、この街「神戸」を訪れました。彼が現在も異人館の街として有名な北野町で、大正12年に日本初のファンシーチョコレートを創りだした時から、当社の歴史が始まりました。

出典 http://www.goncharoff.co.jp

外国人が多く住む神戸で、ゴンチャロフ氏がチョコレートを作り始めたのが今では有名なゴンチャロフのはじまり。サクサクとした焼き菓子は大人気で、神戸っ子のおみやげの定番の1つです。

3. アンテノール

1966年創業。洋と和の文化が融合する港街、神戸の地で「日本一の洋菓子をつくりたい」というひとりの菓子職人の思いから、1978年、異人館で知られる神戸北野町にアンテノールは誕生しました。

出典 http://www.antenor.jp

焼き菓子からフレッシュケーキまで定番の人気の商品を多くもつアンテノール。百貨店のデパ地下でもよく見かけると思います。缶やギフトボックスもポップでかわいいので、贈り物としても間違いはありません。

4. ケーニヒスクローネ

昭和52年12月、神戸で「ケーニヒスクローネ」は誕生しました。

出典 http://konigs-krone.co.jp

パイ生地のものを得意とした洋菓子屋さん。代表商品の「クローネ」は今も変わらず大人気です。オリジナルキャラクターのくまの「ポチ」もキュート♡

利用した方はご存じかもしれませんが、ここの熨斗(のし)は独特な文字で書かれていて、種類豊富で堅苦しくなくとてもいい感じです。そして神戸に「ホテルケーニヒスクローネ」もオープンしました。

5. ア・ラ・カンパーニュ

1991年に神戸で生まれたパティスリー、ア・ラ・カンパーニュ

出典 http://www.alacampagne.jp

ア・ラ・カンパーニュはフルーツタルトも人気ですが、この写真のプリンも代表的な商品になっています。数字が入ったこのコップ、女子人気が高い!

お店構えもかわいらしく、ディスプレイからワクワクします。神戸のトアロードにあるお店は、神戸の雰囲気ととてもマッチしていてついふらりと立ち寄りたくなります。

6. はらドーナッツ

昭和43年より神戸湊川で営業を続ける老舗「原とうふ店」。私たちが目指したドーナッツつくりには、 昔ながらの製法で作られる豆乳とオカラが必要でした。

出典 http://haradonuts.jp

「原とうふ店」という老舗のお豆腐屋さんのお豆腐を使って作られているはらドーナッツ。ドーナツと言えば高カロリーなものをイメージしますが、はらドーナッツは防腐剤や保存料を一切使用していない、安心して食べられるドーナツです。どこかなつかしい味のドーナツに、心もほっこりします。

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス