記事提供:しらべぇ

日本人の主食、米。

昨今は炭水化物抜きダイエットなどにより"米抜き"の食生活をおくる人が少なからずいるものの、ほとんどの日本人は"米なき"食生活は考えられないでしょう。

さて、お米といえば、言わずもがな「炊く」ものです。現代では、お米を研ぐ、水を適量入れる、炊飯器のスイッチを押すという3ステップでその作業は簡単に終わらせられ、品種によっては研ぐ必要すらありません。

しかし、特に男性においては、その作業を経験したことがない人が一定数存在するようです…。

編集部が実施したアンケートによって炙り出された以下の数字をご覧ください。(対象は、20代から60代の男女750名ずつ、計1500名です)

■これまでの人生で「一度も米を炊いたことがない」人の割合

成人男性全体で、実に1割以上「米を炊いたことがない」ということが判明しました。

次に、年代別の数字をご覧ください。

【男性・年代別 これまでの人生で「一度も米を炊いたことがない」人の割合】

このように、20代男性ではおよそ5人に1人の割合で「米を炊いたことがない」人が存在していました。

なお、理由としては、

「実家暮らしで、お米の炊き方すら分からない」

「外食しかしない」

「家で食べる時はコンビニで売ってるお米をチンする」

出典しらべぇ

といった想像しやすい内容のものが多く寄せられています。


【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年10月17日~2014年10月21日
対象:全国20代~60代男女計1500名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス