アメリカ・ニュージャージー州の裁判で、双子の片方の子どもの父親に対して養育費を支払う義務を負う判決が下されました。これはいったい、どういうこと!?と思われる方が多いと思いますので、ここで経緯をご紹介します。

未婚の女性が双子を妊娠、出産。

まず、双子を出産した女性は未婚で(イニシャル)T・Mさんと言います。母親は、性交渉のあった片方の男性に双子の養育費を請求し、訴訟を起こしました。裁判の過程でDNA鑑定が実施。そして、思わぬ事実が判明しました!

米ABCをはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、父親の異なる双子の赤ちゃんを出産した女性の名は、T.M.さん。彼女は、双子を妊娠したと考えられる週に、異なる2人の男性とセックスに及んでいたのだという。

出典 http://tocana.jp

双子の父親は、それぞれ別々だった!

そんなことってあるの!?とビックリ仰天!この現象は、学術的にも認められる「異父過妊娠」というものだそう。二卵性双生児のDNA鑑定で、子どもの父親が違うことが判明した例もある。極めて稀なケースだとか。

離婚調停では、このような例が稀にあるらしい

離婚成立後に、元夫から、裁判で親権を失ったばかりか養育費の支払い義務まで負ったが、離婚を迫られたのが突然だったので、二人の子どもとの親子鑑定を希望。結果、一人の子どもは血が繋がっていないことが判明。過失がある元妻は、不貞が見つからないうちに離婚を切り出したのだった。

出典 https://books.google.co.jp

これは男性にとってトラウマになるほど、女性が恐ろしい・・・という話題に。

裁判官が下した判決は?

5月4日の家裁で、無名の被告が父親だと判明した片方の子どもの養育費を支払う義務を負うと判決を下しました。このような稀なケースは、医学文献の「異父過妊娠(受胎)」と呼ばれます。米国の裁判では、13,000件に1件という極めて稀なケースだと言います。

双子の母親の証言によると。

今回のニュージャージーの裁判文書によると、双子の母親は、法廷で、彼女が妊娠したと思われる時期に、二人の男性とセックスしたと法廷で証言。女性の排卵期に複数の卵子を排卵し、受精可能な期間内に複数の男性とセックスした場合、それぞれ別の男性の精子と受精する二卵性受胎というものがあり得るそうです。

精子の生存期間と受精可能期間

射精後の精子の寿命は、平均2〜3日、長くても1週間と言われています。この2〜3日の間に排卵があれば妊娠しやすい。

出典 http://www.e-tamago.biz

卵子の生存期間

卵子の寿命は12~36時間。個人差があり、老化卵は寿命が短くなります。

出典 http://www.healthcare.omron.co.jp

精子と卵子の生存時間を考えれば、例えば、女性が火曜日にある男性とセックスして、水曜日に違う男性とセックスすれば、異父過妊娠という二卵性受胎が可能です。

他にもあった、異父過妊娠!

DNA鑑定結果、双子の1人が自分の子どもではない事実が分かったトルコの男性が妻と離婚

警備員のこの男性は、妻の不貞を疑い3歳の双子のDNA検査を依頼。検査の結果、99.99%の確率で、A・Kさんは双子のうち1人だけの父親であると判明。離婚調停を担当する裁判所の法医学研究所もこれを確認した。

母親のC・Kさんは実家からA・Kさんとの結婚を強いられる前に付き合っていた男との関係を続けていたという。

A・Kさんは、自分が父親である子だけを引き取り、もう1人を離縁した。この子は国営の養育施設に送られることになる見通しという。(2010年1月)

出典 http://venacava.seesaa.net

産まれた子どもに罪はないのですが、男性の気持ちを考えると・・・仕方ない結末でしょう。

テキサス州ダラスのケース

アメリカのテキサス州ダラスで、11ヶ月になる双子の男の子のお父さんが、別々の男性だと明らかになった。実はふたごの顔がまったく似ていないために、両親がDNA鑑定をしたところ、結果は99.999%、別々の父親だと知らされたという。

母親のミア・ワシントンさんは、自ら地元テレビ局に連絡して、この事態を伝えた。ふたごの父親のひとりである男性と現在婚約中で、この男性はふたごを将来も自分のこどもとしてふたりとも育てるつもりだという。

ミアさんは子供には父親が違うことは大きくなったら打ち明けるつもりだが、「もうひとりの父親」には明かすつもりはないという。(2009年5月)

出典 http://abcdane.net

妊娠した時、女性が浮気をしていたということなのですが、片方の(本命?)男性が双子の正式な父親として育てる、という覚悟を決めた、なんとも懐の大きい男性ですね!

さいごに

愛していた女性に浮気をされていた!二股を掛けられていた!・・・の果てが、このような稀なケースに至ることもあるんですよね。男性にとっては女性不信になりそうな話。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス