ゴールデンウィークが終わって、台風もやって来て一気に暑くなってきました。「もう夏だな~」って感じですが、夏の前にあの時期がやって来ることを忘れていませんか?そう!ジトジトジメジメの梅雨シーズンの足音が近づいてきています!

というわけで、そんんな梅雨シーズンが本格到来する前に、先手の「除湿・防カビ」への万全な準備を整える為の対策をまとめてみました。

なぜ梅雨は、ダニやカビが繁殖しやすいのか

梅雨が続くと湿度が毎日80%を超えるようになり、皮膚の水分を保持する機能が低下します。それが私たちにとって不快感の元になっています。しかしダニにとっては非常に心地よい環境となるわけです。

出典 http://www.daikinaircon.com

ダニやカビの好む環境

出典 http://www.daikinaircon.com

ダニは、湿度70%以上、室温20~25℃といった環境を好みます。カビ菌も同様で、湿度65%以上、室温20~25℃といった環境が好ましいようです。

でも、原因は湿気だけじゃない

出典 http://www.daikinaircon.com

梅雨シーズンは雨が続くことで窓を開ける事ができず、その結果室内にホコリがたまります。そのホコリに、ダニやカビ菌の胞子がくっついて繁殖するなど悪さをすることも、原因の一つなんだとか。

カビが発生すると、どんな悪影響があるの?

影響① アレルギーやアトピーの原因に

カビは胞子を空気中に撒き散らすので、例えばエアコン内部が汚れていると、カビが発生し、そこから吹出す風を吸い込むとアレルギーやアトピー等の病気の原因にもなります

出典 http://www.kis.gr.jp

アレル物質の代表に、ダニの死骸があります。最近は、住まいの気密性が非常に高まっていて、ダニにとって繁殖しやすい環境になっています。そういう環境の中で、ダニやホコリはアレル物質として人体が反応する比率が、かなり高まっています。

出典 http://www.daikinaircon.com

僅かな量でも発症のリスクは高い

出典 http://www.daikinaircon.com

1gのホコリに含まれるダニの成分の量が、わずか10μg(=100万分の10g)でも、
人体に与える影響が大きいと言われています!

影響② お家そのものが劣化

壁紙が傷んだり、押し入れや部屋の隅などがカビで真っ白になったりした経験をお持ちの方もいるでしょう。

また、結露は窓枠や床などの木材を劣化させる原因となります。しかも一度カビが発生してしまうと、その「根」は深く、完全に取り去るのは大変です。

出典 http://chintai.mynavi.jp

結露しやすい窓際の木部がカビて腐り、建材が劣化、シロアリ発生する原因になることも…

出典 http://www.kis.gr.jp

大事なお家にとっても一大事です!

では、梅雨シーズンを前にどうやって対策をしていくべきなのでしょう。

大前提!室内の湿度を知るために「湿度計」を置こう

ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと急激に繁殖を始めます。 冬の間、気をつけていたインフルエンザなどのウイルスやバクテリアは、湿度が40%以下で活動しはじめます。

このことから、カビやダニの繁殖を防ぎ、風邪やインフルエンザを予防できる、健康にとって理想的な湿度は50%前後だと言われています。

出典 http://happyfu-fu.com

理想的な湿度は50%前後!この状態をキープするためにも、室内の湿度を把握する「湿度計」は必須です!

①寝室での対策

家の中で人が一番長く居る場所は寝室です。そして、寝るときは寝室のドアは閉められ、密室になります。 寝室にカビがあると、そこに寝ている人は一晩中カビで汚染された空気を吸い込むことになります

出典 http://happyfu-fu.com

就寝時、人は1時間あたり約50gの汗をかいています。8時間の睡眠だと400g、夫婦ふたりだと800g、さらに子供の場合は大人よりも就寝時の発汗量が多いといわれています。 

この汗は布団に吸収されるだけでなく、水蒸気となって寝室の密室に充満しているのです。

出典 http://happyfu-fu.com

という事で、もし梅雨でも晴れていたならば、朝起きですぐに換気をするようにしましょう!扇風機などを使って強制的に換気する方法もあるようです。

布団を押入れにしまう時も注意

出典 http://www.shop.naganos.com

すのこを押し入れ内に敷くと通気性がよくなる。キャスター付きのものも市販されており、布団などの収納物の出し入れに便利だ。吸湿力のある重曹を活用する方法もあり、「新聞紙にくるみ、すのこの下に置けば除湿が進み、消臭効果もある」

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

布団を片づける際は「使った直後だと汗の水分を多く含むので、しばらく置いてから畳み、壁から10センチ以上離して入れるように」と助言する。収納物は天井まで積み上げず、時々ふすまを中央に寄せて左右が開いた状態にしておくと、空気の流れはよくなる

出典 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp

布団の場合だけでなく、ベッドでも油断は大敵です。 ベッドの下は何もを置かず、通気性を確保しましょう。

出典 http://happyfu-fu.com

ベッドの下にものをしまっている事も多いと思いますが、梅雨の時期には注意が必要です

②お風呂場での対策

浴室は家の中でカビの生える可能性が一番高いところです。 あるアンケート調査によれば、過去3年間に浴室にカビが生えたことがあると答えた人は、全体の80パーセントを超えていました

出典 http://happyfu-fu.com

カビといえばお風呂場のイメージ

カビの原因というのは皮脂や石けんカスなので、入浴後に浴室全体をシャワーで洗い流すとカビが生えづらくなります

出典 http://m3q.jp

湿度だけではなくて、カビの原因は皮脂や石鹸カス

入浴が終わったら「温水→冷水」シャワーの順でよく洗い流し、バスタオルやゴムスクイジーなどで水分を除去し、最後は、握りこぶし一つ分くらいドアを空けて、次の朝まで換気扇を回しておくと100点です。

出典 http://www.kis.gr.jp

注意)NHKが実験した結果、45℃以上のお湯をかけるのが一番効果的だったみたいです。冷水で流すとカビの胞子が飛び散ってしまい逆効果なんだとか。というわけで、まずは温水で洗い流して、水蒸気をやっつけて湿度対策する為に冷水で流す。この順番が正解かもです。

③エアコンの対策

エアコン内部は常にカビの住みやすい状況。フィルターの掃除はまめにしても、嫌な匂いがするのは、吹き出し口の内部に既にカビが生えているから

出典 http://www.kis.gr.jp

暑くなってくると重宝するエアコン。実はフィルターの掃除だけでは不十分なんです。放っておくと電気代にも影響してきますので、できれば2~3年に一度は専門業者にエアコンクリーニングをお願いしたほうがいいかもしれません。

その他 普段の生活で気をつけたいこと

濡れた傘は室内に持ち込まない

出典 http://blog.livedoor.jp

玄関は靴箱など、湿気がたまりやすい場所。 そこに、びしょぬれのカサを持ち込んでしまっては、もう除湿が大変になってしまします。 カサは、防犯上問題がない範囲で玄関の外に置いておくようにしましょう

濡れた服はすぐに洗濯

出典 http://www.gettyimages.co.jp

濡れた服もリビングまで持ち込むのは避け、そのまま洗濯機に!といっても、洗濯置き場に放っておくと意味が無いので、なるべく早く洗濯してしまうようにしましょう。

洗濯機も梅雨前には一度洗浄を!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

洗濯機の洗濯槽はカビで汚れている場合もあります。 カビをそのままにしておくと、衣類を洗っているつもりが、衣類をカビまみれにしていることも…。梅雨シーズンを前に、一度市販の洗濯槽クリーナーを使って綺麗にしておきましょう!

タンスなどの家具は壁から5センチは離す

出典 http://www.gettyimages.co.jp

棚やソファなどの家具が壁に密着していると裏側がカビやすいので、5センチ程度離して設置します。また、水槽、観葉植物は風通しのよい場所に移動しましょう。

まだ梅雨まで少し期間がありますが、早め早めに準備して、良い夏を迎えましょう!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス