デイジーはとてもかわいいですが、少し変わった顔をしています。デイジーは反対咬合(はんたいこうごう)で、足、肩、腰などに障害を持って生まれてきました。そのためうまく歩けません。そしてそのために捨てられてしまいました。

反対咬合とは上の歯より下の歯が出っ張ってしまっている状態を言います。

デイジーは生後2カ月でカルフォルニアの路上に捨てられました。動物管理センターに保護されましたがさまざまな障害があったので、里親が見つからないだろうと安楽死のリストに載せられてしまいました。しかし、殺処分寸前に動物愛護団体「ホーム・フォーエバー・レスキュー」がデイジーを救い出したのです。

デイジーには障害があったので、それを理解し世話をしてくれる人が必要でしたが、数カ月後、デイジーを愛してくれる本当の家族がちゃんと見つかったのです。デイジーの新しい家族は障害があっても、いえ障害も含めてデイジーを深く愛してくれました。デイジーの飼い主は言います。「デイジーの上あごはちょっと恥ずかしがり屋なだけよ」

デイジーは背骨の負担を軽くするために車いすを使うことになりました。これでデイジーはどこにでも出かけることができます。デイジーの里親は、デイジーが驚異的に回復したこと、デイジーがどんなに素晴らしいかを知ってもらうため、デイジーの写真をFacebookやInstagramに掲載しました。すると、デイジーは世界中で人気者になったのです。

デイジーの笑顔はとても素敵です。見る者の心をあたたくしてくれます。一緒に写っているのも障害がある犬です。2匹の幸せそうな姿がまぶしいですね。

出典 https://www.facebook.com

デイジーは里親募集のアピールにも貢献。「adopt」=「里親になって」

デイジーはかわいい姿を見せてくれるだけでなく、すべての障害がある動物に関心を持ってもらい、彼らに生きるチャンスを与えてほしいというメッセージを送りづつけているのです。「少しの思いやりと救いたいという気持ちがあれば出来ないことではない」ということをデイジーは教えてくれているのです。

デイジーの瞳は輝いて、表情は生き生きとしていて、里親さんにとても愛されているのがよくわかります。

日本では障害がある犬や猫は即殺処分になることが多いです。一度殺処分が決まってしまうと、愛護団体もなかなか救い出すことはできません。しかし、障害があっても幸せに生きる権利はあるし、愛してくれる家族が見つからないとは限りません。デイジーの笑顔を見ていると障害などものともせずに明るく暮らしているのが分かります。

私も何度か障害のある動物と暮らしましたが、彼らはそれを嘆いたり悔んだりはしません。彼らから「生きたい」という気持ちを強く感じます。障害があっても前向きに生きる姿にこちらが勇気づけられます。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

ゆっくり、ゆったり暮らすが目標。
動物保護ボランティアをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス