中田敦彦さん(写真左)と藤森慎吾さん(写真右)のお笑いコンビ・オリエンタルラジオ。2005年4月に、TBS『ゲンセキ』にてテレビデビューを果たし、その後『エンタの神様』などに出演し『武勇伝』というリズムネタで大ブレイクします。

人気に推され冠番組をいくつか持つこととなりますが、短い期間ですべて終了してしまいます。その後しばらく低迷期を歩みます。テレビで見る回数は減りましたが、まったく見かけないというわけではなく、以前に比べて露出が減ったと思う程度でしたね。

そんなオリエンタルラジオが再び注目を集めることとなります。それは後輩芸人の「8.6秒バズーカ」のリズムネタ『ラッスンゴレライ』を完全コピーしたものがかなり完成度が高く、『本家よりもおもしろい』などと話題になりました。

本家・8.6秒バズーカ

出典 YouTube

完全コピーがすごかった

『しゃべくり007』に出演。放送前から注目してる人が多数。

5月11日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『しゃべくり007』にオリエンタルラジオがゲスト出演しました。Twitterでもこの放送を楽しみにしていた人がたくさんいました。

番組で先輩から苦言も…。

番組内では最近の『ラッスンゴレライ』乗っかりに対して、先輩芸人のくりぃむしちゅーやネプチューンなどからさまざまな突っ込みを受けます。

冒頭で上田晋也が「ブレイクの仕方ずるいぞ。後輩のネタで売れるってどういうこと?」とツッコむと、中田は「僕もわけわかんないなって。ただ、よくよく思い返すと、前回出た時も相方はあやまんJAPANに便乗してる」とコメント。

出典 http://news.mynavi.jp

藤森も「だいたいだれかに乗っかるんです」と得意顔を見せると、「お前やりかた汚いな!」と上田が声を上げた。

出典 http://news.mynavi.jp

有田哲平が「8.6秒バズーカーがいるときに一緒にやるならまだわかる。テレビ見てたらいないけどやってんの」と苦言を呈すと、「あれはいかんよ。いないところでやるのは」と上田も注意。

出典 http://news.mynavi.jp

有田が「しかも藤森の声とかが合ってんだよ。本家よりもいい」と評価すると、中田が「当社の製品はスーパーコピー」と爆笑を誘った。

出典 http://news.mynavi.jp

今日は後輩のネタ、パクリません。

番組の最後で『今日は後輩のネタ、パクリません』と宣言して披露した持ちネタの『武勇伝2015Ver』がすごいとさらに話題を呼んでいます。

ネタの入りは今までの失敗をネタにいつもの『武勇伝』なのですが、途中から様子がおかしくなります。サングラスをかけて『ラッスンゴレライ』やっちゃいました…。最後は三代目J Soul Brothersのあれです。

三代目J Soul Brothersのランニングマンさえもネタに取り入れてしまいました!バックダンサーまでつけてなんかネタというよりショーになってます。

上田は「なんだこの上質なエンターテインメント」「途中で涙出そうになった」と感激し、有田も「何パクッてんだよとか言いたかったけど、完成度高すぎて良かった」と大絶賛だった。

出典 http://news.mynavi.jp

まったくその通りですね。中途半端だとパクリだと叩かれたりしますが、ここまでやりきるとなぜか感動すら覚えてしまいますね。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス