陶芸女子というのは「陶芸を趣味にしている女性」あるいは「陶芸を始めてみたい女性」の事を言うそうです。今回はそんな陶芸女子必見の「オーブン陶芸」をご紹介したいと思います。

オーブン陶芸のススメ

「オーブン陶芸」というのは読んで字のごとく、作った作品を「自宅のオーブンで焼いて仕上げる事が出来る焼き物」の事です。そこでまず最初に「オーブン陶芸」で「どんな作品が作れるのか?」を下記で色々ご紹介したいと思います。

手びねりの魅力

これは「箸置き」だそうで、筆者にはレンコンとチンゲン菜に見えますが、市販品では「まず絶対にお目に掛かれない品」ですね。「手びねり」とは「手で粘土を千切ってくっ付けたり曲げたり重ねたり」して「焼き物を作る手法」の事です。

このぐらい作れるように成ると、かなり満足度も高いと思いますし、もはや、アートと言っても良い出来栄えだと思います。

他にも。。。↓

出典 http://ameblo.jp

横顔がとってもキュート!

可愛いウサちゃんですね!

これはもう「完全な手びねりでしか作れない作品」でありまして、基本的にオーブン陶芸の場合はロクロ、つまり粘土を回転台の上に載せ、上にググーっと引っ張りあげる、あの難しい手法で作品は作りません。

「のし棒で粘土を平らに伸ばし」それを「切ったり千切ったり」して「くっ付ける」先にご紹介した「手びねり」や「タタラ作り」という手法で作りますので「初心者でも簡単に始める事が可能」です。

お皿や器だけではなく、こんな「可愛いオブジェを作れる所」が「手びねりの大きな魅力」です。

素朴な風合いがイイ!

つぎはコチラ!

コチラは「タタラ作り」で作った陶器製の「キャンドルホルダー」だそうです。
とってもオシャレですね!

中にキャンドルライトを入れて灯りを付けると・・・↓

ほら!凄くイイ感じ!この手作りで素朴な感じが何とも言えないですよね。

タタラ作りの利点

上記でご紹介した「タタラ作りの大きな利点」として、「ロクロでは絶対に作れない物」が「手軽に作れる」という点があげられます。例えば上記写真の様な異形の可愛いお皿は、どんな陶芸名人でもロクロでは絶対に作る事が出来ません。

しかしタタラ作りならば少し慣れてくると、比較的簡単に作る事が可能でその「創作範囲」は「無限大」ともいえるでしょう。

少しラフに、ザックリと作っても大丈夫

このアロマポットどうでしょう?

コチラもタタラ作りの手法で作られていますが、手作り感タップリで市販の既製品には無い「独特なオシャレ感」があると思いませんか?でも細部をみると、ひび割れがあったり「ザックリとラフな感じ」に仕上げられています。

でも「これでイイ」んですよね。こういう味わいこそが「オーブン陶芸の真骨頂」なのかも知れません。

他にもタタラ作りではこんな事が出来ます↓

クッキーの型でオシャレなボタンを作る!

とてもオシャレですね!コチラは下記の様に↓

ねんどを平らに伸ばしたらクッキーの型でポコポコ抜いて。。。

竹串などで穴を開け、少し乾燥させたら縁を楊枝で整え。。。

後はこんな風に溝を入れたり、好きな色を塗り、オーブンで焼けば出来上がりです!食器の様に口に入れる物でなければ、色は自由に塗る事が出来ます。

タタラ作りアレコレ

こちらでは「タタラ作りの実践的な手法」が「図解入りで詳しく書かれたサイト」を下記で2つご紹介します↓

陶芸、実は若い方々もやってます

みなさん楽しそうですね。現在は若い女性も陶芸をやる人が増えている様です。

ガイドブックも結構人気

でも。。。。↓

陶芸、始めたいけれど。。。

出典 http://www.naniton.sakura.ne.jp

※写真はイメ―ジです。

昨今のソーシャルメディアを中心とした「ハンドメイドブーム」の影響で現在「陶芸を始めたい女性」というのは「かなり多い」との事です。

しかし、日本で一般に「陶芸」という物は「お年寄りの趣味」だとか「作った焼き物」を「高温で焼く必要がある」ことから、まずは「陶芸教室」に通い「その道のプロ」に「色々教えて貰わないと出来ない」という「先入観」が強く

若い女性は「周囲の眼」を気にしたり、仕事を持っているOLさんなどは「時間的に厳しい」などの制約が多く「やりたいけど躊躇している方」が多いそうです。

実はこの「オーブン陶芸」はそういう方にこそ「ピッタリ」でありまして、下記の様な「様々なメリット」があります↓

メリットその1:時間に縛られず自宅で簡単に作れる!

基本的にオーブン陶芸は陶芸教室などに通う必要はなく、下記でご紹介する「スターターキット」を買えば「簡単に始める事が可能」です。当然ですが「時間的制約」などは全くありませんし、人付き合いな苦手な人でも全然大丈夫です。

とりわけ働くママさんや、忙しいOLさんなどにとっては「かなり大きなメリット」ではないでしょうか?

メリットその2:お金も余り掛からない!

出典 http://item.rakuten.co.jp

オーブン陶土(スターター)セット

楽天市場で一番評価の高いスターターキットですが、価格は4,665円と「かなりリーズナブル」でありまして、色違いの粘土(陶土)が4種類、その他制作に必要なのし棒や説明書なども「全部セットになっています」ので「届いたその日から」作り始める事が出来ます。

普通に陶芸教室などに通うと成ると、お月謝から始まって、色々な諸費用が掛かるでしょうから、その点「非常に手軽で便利」だと思います。

メリットその3:作った焼き物は自宅のオーブンで焼ける!

これがオーブン陶芸の最大の魅力でありまして、名前の通り、作った焼き物を普通のオーブン(またはオーブンレンジ)で焼成(焼き入れ)が出来ます。ですが普通の焼き物は乾燥~焼成まで「1か月は必要」です。

しかし、オーブン陶芸は早ければ「数日~1週間」で仕上げる事が可能です。

メリットその4:創造力が鍛えられ女子力がアップする!

陶芸というのは「ただの粘土のカタマリ」から「様々な物を生み出す」という、いわば「クリエイティブな作業」で「創造力が鍛えられる」と同時に「女子力アップ」の効果もあり、この流れは日本だけにとどまらず「世界的なブーム」に成りつある様です。↓

さて、いよいよココからは実際に「オーブン陶土スターターキット」を利用した「マグカップの作り方」を詳しくご紹介したいと思います。

実際の作り方(マグカップ)

マグカップ作りで必要な物は

・スターターキット
・ビニール袋
・パレットナイフ
・細い筆
・タタラ作り用の板とのし棒
・作りたいマグカップの型となるコップ
・ガーゼ

などで

実際には円形の小物入れを作っているのですが、途中までは殆ど「マグカップ作りと同じ」でマグカップに限らず「円形のコップ作り全般に応用」できます。

まずはビニール袋に粘土と水を入れ「ドベ」という物を作ります。ドベとは要するに「粘土と粘土の接着の為」に使う「接着剤」の事で「粘土を水と混ぜマヨネーズぐらいの柔らかさにした物」を「ドベ」と呼びます。

ドベが出来たら上記の様に「のし棒」を使って粘土を薄く平らに伸ばします。

伸ばした粘土を実際に作りたいマグカップの大きさと同じぐらいのコップに巻き付けます。コップの底は後で切り取るので、上記の様にその分を出して巻き付けて下さい。注意点としては、型として使うコップは「必ずガーゼで包み」ましょう。

そうしないと「粘土が型のコップにくっ付いてしまい」失敗するそうです。

1周巻き付けたら、余分な粘土を付属のカッターで切り取り「継ぎ目を水で濡らした指で丁寧に伸ばしながら固定」します。

同じく「マグカップの底」も型のコップに合わせ、カッターで切り取ります。

そうしたら先ほど作ったドベを底の縁に塗って

余った粘土をなどを、マグカップの円周より大き目の伸ばし、上記写真の様に「マグカップの底」をペタリと載せます。

あとは円周に合わせ、付属のヘラで周囲を切り取り・・・

底の継ぎ目を同じく、水で濡らした指で丁寧に伸ばし、滑らかに仕上げます。

底が付いたらこんどは飲み口の方を仕上げるのですが、コチラは、綺麗に仕上げる「重要なコツの1つ」で、こんな風に台の上にナイフを固定し「マグカップの方」をクルクルと動かせば「飲み口」を「水平」かつ「綺麗に切り取る事」が出来ます。

後は型から引き抜いて「内側の継ぎ目」を「指で丁寧に伸ばし」滑らかにして、「飲み口の縁の部分」を水を付けた手で「少しなぞって丸く細く」仕上げ、最後にドベで「マグカップの取っ手」を取り付け、継ぎ目を指で仕上げると。。。

はい!この通り!素敵なマグカップの出来上がりです!

実際の工程では形が出来上がった後「色や模様付け→乾燥→コート剤塗布→焼き入れ」という手順で行います。表面の白い模様は専用の仕上げ剤などで付ける事が出来、防水&艶出し効果のあるコート剤を塗って焼き上げると

上記写真のマグカップの様に「食器として使う事も可能」です。その他、分からない事が有れば下記のサイトをご参照ください。

作成後記

いかがでしたでしょうか?

オーブン陶芸は初心者の方でも簡単かつ安価に始められますが、陶芸は「無から有を生み出す作業」なので意外に奥が深く、ハンドメイドが好きで凝り性の方などはかなり「のめり込む」こと間違いなしだと思います。

このオーブン陶芸をきっかけにして本格的な陶芸を始められる方も多いそうですので、興味のある方は是非挑戦してみて下さい。最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

aki_5555 このユーザーの他の記事を見る

ジャンルにこだわらず、自分が面白いと思った事を発信したいと思います。
猫好きでオス猫(写真の猫)を1匹飼っています。

twitter  https://twitter.com/sanada748
Google+ https://plus.google.com/110154676706611099251

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス