遠い昔の想い出【遠足】。【家に帰るまでが遠足】らしいのですが・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

懐かしいあの頃、遠足の前日は興奮して眠れませんでしたね・・・

遠足が近づいてくると、ホームルームでは先生から遠足の注意事項が説明されたり、先生が書いた「遠足のしおり」のようなものが配布されたりしました。

そういった先生からの注意事項や、「しおり」に記載される事項の中で、多くの方が今でも忘れないフレーズ。「おやつは300円まで、バナナとみかんは含まない」ではないでしょうか?

地域や学校等によって、若干解釈や言い方が違うかと思いますが、概ねこのような金額を含んだおやつの規定があったと思います。

今回は事前に筆者がSNSで軽く取材しました。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

漠然と「おやつ300円」について何か(記事で紹介するかも・・・)と問いました。

有難いことに、お二人の方から書き込みがありましたのでご紹介いたします。


おやつ300円は5円チョコ2枚と10円のうまい棒2本とプロ野球チップス買って、残りはへそくってました。で、家にあるバナナ持参。

出典筆者の参加している某SNSの筆者のページへの書き込み

後輩からの書き込みです。そうかぁ、、、「おやつ300円」というのは、親から300円引き出せるという考え方なんですね。。。ならばそうすればいいですよね・・・なるほど・・・

300円おやつは、ミカンとバナナは金額に含まない、というのが黄金律で、プリントにも必ず但し書きしてありました。そこであえて、先生がその部分を読み上げた直後に、「先生、モモはどうですか?」みたいな質問を誰かがあびせるのが無言のお約束でしたね。

あと、時代的に、プロ野球スナックが発売されたばかりの頃だったので、その頃は、全国的に、カードだけ貰ってスナックは食べきれないし持ち帰っても親に叱られるので、お店のゴミ箱に捨てて行く、という事例が多発して、

社会問題になったりもしたので、たいていの駄菓子屋さんは、いらないスナックを置いていくための箱を店先に用意していて、そのスナックは、欲しい子がタダでもらえたものだから、そうして手に入れたスナックは300円に含まれるのかどうかという質問が出たり、それに応えるカタチで先生が、カードだけ貰ってスナックを持ち帰らないなんてあり得ないぞ、と説教したり。。。

というところまでが、遠足の説明ではセットになっていました。

出典筆者が参加している某SNSの筆者のページへの書き込み

普段はこれだけ書かせたら10万円は取れそうな(笑)著名な経営コンサルタントの先生なんですが、筆者の記事の為にこんなに長文を無償で書き込んでくれました!

まぁ、この先輩の書いてくれたことが、流れとしては全てですよね。。。

ところで、カードだけ持って行きたくてポテチを捨てるってのは、筆者の育った東京郊外の然程裕福な人が多くない街では聞いたことが無いですなぁ。。。富裕層臭が素敵です。

では、その他のネットでのコメントを見てみましょう!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

私が小学校の頃は駄菓子屋が商店街にあり、そこに「うまか棒」10円~や「よっちゃんイカ」とか「塩コンブ」、「くし」系のオヤツや、ポテチも30円くらいの小さめの袋のヤツとか結構種類があって、300円でもいろんな種類とかなりの量のお菓子が購入できていました。

出典 http://okwave.jp

「うまか棒」はアイスですから、「うまい棒」でしょうね10円ってのは。。。と思いながら、考えましたが、確かにそうですよね、300円も買ったら物凄い量になりますよね!

200円だと物足りない。500円だと高すぎる・・。義務教育ではいろんな家庭環境の子どもさん達もいるから、その点も配慮されつつ、300円が妥当・・・と推測。

出典 http://okwave.jp

そうですよね。。。その平等な感じを公立校だと出しますものね。。。そういう指針とかがあるのかしら。。。気になりますねぇ。。。

埼玉県内の公立小学校です。こちらは金額の指定はありません。
 
「食べきれる量」という指定があるのみです。もっとも『チョコレートはとけるからやめた方がいいよ』などのアドバイスはあるようです。
 
意外と残してきて、帰ってきてから食べてることもありますね。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

これ、2年前の書き込みで、最近の事情らしいです。時代は変わったようですね・・・

理由はだいたい3つ。

まずは、しっかりお弁当を食べてほしいからです。お菓子ばかりでなく、食事をちゃんととってほしいので、おやつの量に制限をしています。

次に、普段、学校生活の中では、給食の後おやつを食べるなんてないでしょう?遠足だって、立派な学校の活動です。

けれど、せっかくの遠足だから、お友達同士で楽しくおやつでも食べましょう、ということで、お弁当の他におやつをもってきてもいいですよ、としてあります。あまり多くなりすぎないように、決まりをつくっているのです。

3つめ、300円という決まりがなかったら、好きなだけ欲しいだけ持ってくる人がいるかもしれません。けれど、お友達の中にはいろいろな事情でたくさん持ってこられない子もいます。

みんなで行く遠足なのに、誰かがつらい思いをするのはよくないですよね。

こうした先生たちのさまざまな気配りから、遠足のおやつに金額の決まりをつくっているのです。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

模範的な解答はこちらなのでしょうか。突っ込むところがありません。

遠足、人生の順番で、今度は息子が行くようになります。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

息子が来年くらいから遠足がある年齢になります。筆者は想い出話しか出来ませんが、彼から最新遠足おやつ事情を入手出来るかと思うと、あの懐かしい昭和の遠足の前日よりも興奮しますねぇ。。。(笑)

あまり今回の投稿に結論は必要無いような気もしますが、300円というのは、食事に影響がない程度の、生徒間の差が出ないもの、ということにしていきましょうということですかね。。。

最後に、今回取り上げませんでしたが、最近はアレルギーの問題があって、生徒間の交換等が禁じられたり、学校が事情に合わせた配給するところもあるそうです。知りませんでした。。。

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら