山形県鶴岡市にある加茂水族館をご存知ですか?この水族館は“世界一のクラゲ水族館”と呼ばれており、日本各地から来場者が集まる人気の水族館なんです。

今回は、鶴岡市立加茂水族館で展示されているクラゲの美しさをご紹介します。

◆ まるで宇宙のような、美しすぎるクラゲの写真

実は筆者はつい先日まで加茂水族館のことを知りませんでした。知ったきっかけは、ミュージシャンの中村一義さんのツイート。この写真に目を奪われました。

日本にこんな場所があるのか…!と驚き、すぐさま検索。Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)に投稿されている写真のあまりの美しさに感動し、いつか行ってみたいなと思ったのです。

◆ 加茂水族館は“世界一のクラゲ水族館”

クラゲの展示種類は50種類以上でギネス世界記録に認定されているほか、庄内沖に生息する約140種類の魚などを展示している。

出典 http://ja.wikipedia.org

加茂水族館で展示されているクラゲの数(50種類以上)はギネス世界記録に認定されており、世界一なのだそう。しかし“世界一のクラゲ水族館”になるまでには、さまざまな苦労があったようです。

かつては、鶴岡市から民間会社に売却され、さらに民間会社の経営不振から閉館したこともあった加茂水族館。残された職員4人が奮闘するも、入館者数は減少する一方。そんな中、水槽の中に偶然見つけたクラゲを展示したところ、お客さんが大喜び。それがクラゲ水族館への一歩だったそうです。

意外と大変なクラゲの飼育に苦労したそうですが、2000年にはクラゲの展示数が日本一となり、入場者数も増えていったそう。業績がV字回復し評判になったためか、2002年には鶴岡市に買い戻され「鶴岡市立加茂水族館」となりました。そして2005年、クラゲの展示数が世界一に。

出典 YouTube

2014年6月には「クラゲドリーム館」としてリニューアルオープンし、直径5メートルの水槽に約2,000匹のミズクラゲが浮遊する「クラゲドリームシアター」があるクラゲの展示コーナー“クラネタリウム”を始め、山形県庄内のさまざまな生き物が展示されています。

◆ SNSには神秘的なクラゲ写真がたくさん投稿されている

加茂水族館を訪れた人たちが撮影した、美しすぎるクラゲの写真をご紹介します。

本当に、ため息が出るほど美しいですね。ちなみに加茂水族館のFacebookページを見ると、結婚式の前撮りや人前式が行われることもあるようです。こんなに美しいクラゲの水槽の前で婚礼写真が撮れるなんて、素敵すぎる…!

こんなところにもクラゲが♡

とってもキュートですね!

いかがでしたか?この写真たちを見て行ってみたい!と思ったのは筆者だけではないはず。GWは終わってしまいましたが、夏休みや9月の大型連休はこれからやってきます。年中無休で、クラゲの他にもウミネコのエサやりやアシカショーなどもありますので、気になった方は加茂水族館まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

<鶴岡市立加茂水族館>

出典 https://twitter.com

<住所>
山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

<開館時間>
通常 9:00~17:00
夏休み 9:00~18:00(期間:2015年は7月18日~8月23日)
年中無休

<入館料>
高校生以上 1,000円 / 小中学生 500円 / 幼児 無料

この記事を書いたユーザー

satomiii このユーザーの他の記事を見る

プチプラ、100均、音楽、手作りが好きな主婦です。プチプラ情報は主にインスタグラムでチェックしています。以前は喫茶店のバイトで、きれいな焼き色のトーストを焼くこと、見た目がきれいなかき氷を作ること、レタスをシャキシャキに洗うことに全力を注いでいました。よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス