日本一の山、富士山をモチーフに田島硝子株式会社が作った富士山グラスが以前「スッキリ 9時ッス」(日テレ)で紹介され反響を呼びました。

田島硝子で製造している硝子製品は、平成14年1月に「江戸硝子」として東京都の伝統工芸品に指定されました。この、富士山グラスは職人さんが一つ一つ手作りで製作しています。「おみやげグランプリ2015」にて 最優秀賞・観光庁長官賞を受賞しました。

グラスの底に雪化粧をした富士山が施されています。

出典 YouTube

富士山グラスに飲み物を注ぐと

一番の特徴は、見ての通りグラスの底に堂々と佇む存在感抜群の富士山。朝の情報番組のスッキリ!で紹介されてから、注文が殺到し納品が6月以降になるそうです。

富士山型の金型にガラスを流し込み、吹き上げる型吹きという100年前からあるという技法を用いて作られています。富士山の雪化粧部分は、サンドブラストという表面に砂などの研磨剤を吹き付けてスリガラスにする方法で作られています。

グラスの上から見てもちゃんと富士山の地形になるように作られていますよ。何も注がず富士山をた楽しむのもよし!!いろんな飲み物を注ぎ富士山を楽しむのもよし!!グラスに注ぐ飲み物の色でいろんな顔の富士山を楽しめます。

出典 http://yzyz05-wanwan.blog.so-net.ne.jp

グランベリーリキュールで赤富士

出典 http://yzyz05-wanwan.blog.so-net.ne.jp

ウーロン茶で琥珀色の富士山

出典 http://getnews.jp

ブルーソーダ水で雪化粧した富士山

飲み物を入れると色が変わるという点については狙ってそうなるようにしたわけではなく、たまたまだったそうです(笑)

デザインした2代目会長が何か飲みたいなと、たまたまウーロン茶を入れたところウーロン茶の色がそのまま富士山の裾野に浮き上がってきて「これはすごいものを発見しちゃったな!自分で考えた以上に良いグラスが出来たな」と思ったそうです。

サイズ:直径9cm×高さ9.2cm。 重量:

約300g。容量:約310ml

富士山グラスの気になるお値段ですが1個・5400円。高いけれど、それだけの技術と
見て楽しむ、飲んで楽しむ、触れて楽しむ満足感を提供してくれてます。こういう素敵なグラスで、美味しいお酒を飲みながら、ゆっくりとした時間を楽しみたいですね~。

ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス