記事提供:しらべぇ

ダイエット実践の際、しばしばその目安として「カロリー」を意識されることがある。インターネットで検索しても、「摂取カロリーより多く消費しよう」「カロリーの摂取・消費バランスを考えよう」といった記事がよく目に飛び込んでくる。

■1kmの消費カロリーって速度で違うの?

だが、消費カロリーについて初歩的なことを知らない人は意外に多い。

・走った時と歩いた時で消費カロリーは違うのか?
・走った時間の長さで消費カロリーは違うのか?

出典しらべぇ

これらの問いに即答できるだろうか。

そこで、いろいろな速度で走ったり歩いたりしながら、1km毎の消費カロリーを調べてみた。

消費カロリーを教えてくれるのは、筆者がいつも愛用している『GPSウォッチ』である。消費カロリーは体重などでも変化すると言われる。参考までに筆者の体重は61kgだ。

■歩いたときの消費カロリーは?

まずは、手始めにウォーキングから。力を抜き、周囲の景色などを楽しみながら鼻歌交じりで歩いてみる。

結果は、10:37/kmで48kcal。これを基準に、どんどん見ていこう。

■走った時の消費カロリーは?

次は、さっそく走ってみた。

ゆったりジョギング6:05/kmペースで69kcal。「予想通り!」という声が聞こえてきそうだが、走ると消費カロリーは増えた。やはり、速度を上げるとたくさん消費できるようだ。

■もっと走った時の消費カロリーは?

味をしめたので、ちょっと本気で走ってみた。

なんと、3:52/kmまでペースを上げたのに、66kcalという結果。

疲労して息も荒くなっているのに、ほとんど変わらないどころか減っているではないか。

■ゆっくり走った時の消費カロリーは?

そこで、先ほどより遅い7:00/kmペースで走ってみる。

68kcal。またもや、ほとんど変わらない。

ここで、一つの仮説が浮かんだ。

「もしかして、最初のウォーキングが計測不良で、歩いても走っても変わらないのでは?」

出典しらべぇ

■もう一度、歩いた時の消費カロリーを測る

そんな疑念が湧いてきたので、改めて歩いてみる。公園などでよく見かける「運動してます」といったスピードでのウォーキングだ。

9:01/kmで45kcal。

消費カロリーは最初のウォーキングと同程度という結果になった。

■第一の結論!走る速度で消費カロリーに変化はほぼナシ!

なるほど、どうやら「歩く」か「走る」かで消費カロリーは変わるが、その『速度』は関係ないようだ。

もちろん、速く走れれば、それだけ同じ時間に多くのカロリーを消費できることになる。しかし、カロリーを消費したいからと言って、無理にキツイ速度で歩いたり、走ったりする必要はないということだ。

■第二の結論!長い距離を走っても平均消費カロリーは変わらない

最後に、1kmではなく長い距離も走ってみたので、2パターンの消費カロリーをご紹介しておこう。

■10km走ったとき

4:23/kmで10.01kmのランニング。672kcalを消費しているので、1km当たり約67kcalである。1kmで計測したランニング時の消費カロリーと、ほぼ同じと言えるだろう。

■30km走ったとき

さらに距離を伸ばして、5:48/kmで30.15km。2028kcalの消費で、1km当たりは約67kcalだ。10.01kmの場合と同じである。

もちろん、気温などの外的環境や体重、細かな動作の違いなどで、消費カロリーは変わるだろう。1つの目安として参考にし、夏までに理想体型を目指してみてはいかがだろうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス