スマホの使いすぎ、心当たりはありませんか…?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今や日常生活に欠かせなくなったと言ってもいい「スマホ」。ですが、「使いすぎ」あるいは「姿勢の良くない状態での使用」に心当たりはありませんか…?

今はそれでも特段困っていないかもしれませんが、それが長く続くと懸念されているのが「巻き肩」なんです。

「巻き肩」とは…?

出典 http://fas-care.com

巻き肩とは、肩が前に出て、横から見ると上腕の頭が前にずれて

更にその上腕が身体の中心に寄り気味になってしまている状態のことを言います。

肩が前に出て、巻き込まれていき、やがて猫背になってしまうのです。

肩甲骨が横に広がってるとも表現が出来ます。

出典 http://5min-massage.com

「巻き肩」だとどうなるの…?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

長時間顔を下に向けた状態のままスマホやタブレットに熱中していると、頭の重さを支えるために体は前傾姿勢になり、肩甲骨が開いて胸筋が圧迫される。また首の後ろ側が強張り、コリを感じるようになる。

出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp

首や肩にコリを感じている人はいらっしゃいませんか…?筆者はドキッとしました。

巻き肩になってしまうと

血行不良になり、頭痛、腕が上がりにくい、代謝が下がって痩せにくい、バストの形が崩れる、ボディラインが崩れる

などの自覚症状が出ます。

そして、バストが閉じてる状態なので、呼吸も浅くなってしまうのです。

この呼吸が浅くなってしまうのもよくないようです。

出典 http://5min-massage.com

頭痛や腕が上がりにくいのは困りますし、「ボディラインが崩れる」とは外見にも影響して困りますね。

ツイッターでも自覚ありな人が続々!

予想以上に自覚症状まで味わっている人が多いですね…

ストレッチで巻き肩を治そう!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

たかが姿勢のズレと思いきや、全身の様々なところに悪影響を及ぼす巻き肩。ストレッチで改善を始めましょう!

1.立った姿勢で両腕を自然に伸ばします。手のひらを正面に向け、手のひらを外側(肩が開くように)に回します。正面に戻す、外側に回すを何度か繰り返します。

2.手のひらを正面に向けたまま、両肩を上下に何度か動かします。肩を下ろすときは脱力して自重に任せましょう。

出典 http://health-and-beauty-site.com

たったの2ステップでできるストレッチがありました!簡単です。

1
右手をのばし、左手で右指先を包みます。

2
手のひらをそらし、ゆっくりあげます。

3
ゆっくりおろします。このとき筋肉がゆるむ感じ・血液の流れを感じてください。

セルフケアのポイントは 筋肉が疲れる動作をしてしまった後に行って ゆるめてリラックスさせてあげること。

お仕事や趣味で腕が疲れてしまう動作がある場合は、その合間あいまにとり入れてみてくださいね。

長時間スマホを使って腕が凝ると、肩や背中が引っ張られ負担になることから、腕のケアをするのも効果的だそうです。

そこで、呼吸でダイエット効果を最大限に発揮するために、しっかり吐けるようになるストレッチをご紹介します。

(1)肩幅に立ち、片手を頭の後ろ、もう片手を腰に当て鼻から息を吸います。

(2)吸いきったら、口から息を吐きながら肘を天井に向かって上げ、上半身をぎゅーっと伸ばします。

片方10秒3セットずつ行いましょう。この動きは、硬くなりがちな呼息筋をストレッチしてくれます。呼吸筋が硬いままだと、いくら呼吸してもなかなか効果が感じられません。

PCやスマホで姿勢が悪くなると、呼吸が浅くなる=呼吸の効果が十分得られないことから、「しっかり吐けるようになるストレッチ」を紹介してくださったブログもありました。

いかがでしたか…?現代に欠かせないスマホではありますが、使いすぎには注意して、「スマホ巻き肩」を未然に防ぎたいですね。また、なってしまった方もストレッチで改善を目指しましょう!

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス