日本に昔から親しまれるお菓子

日本のお菓子は、文化を象徴するような佇まいと雅な姿から色々な方に好まれている贈物のひとつです。中々自分で購入する事はありませんが、ちょっとした来客が予定されると「お茶請け」を用意しますよね?

そんな時に、生菓子だけではなく日持ちする日本に昔からある懐かしいお菓子を用意してみませんか?

キラキラした形が星に見える金平糖♡

ここの金平糖は、今までの金平糖の概念を覆してくれはります!写真は、レモンと苺ですねんけど、ちゃんと果汁を使うたはりますねん~!

香料も使うたはりますが、飴ちゃんとかのドギツイのんやないので、ふわ~~~っっと、素材の香りが広がりますねん~!着色料も、ほぼ天然・・・

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

【究極の金平糖】を販売され、口コミでも大絶賛される金平糖専門店の緑寿庵清水さん!緑寿庵清水さんの金平糖は一粒食べるだけで世界が変わるほどの衝撃を受ける、美味しさだそうです。

様々な金平糖があり、その中でも【究極の金平糖】は予約必須だそうです!

オリジナルの絵で作れる金太郎飴!

職人さん自らが手作りで作り上げる、印刷では表現が不可能である「味のある金太郎飴」のデザインをオリジナルで作れるのです!

披露宴や結婚式の最後に招待客にプレゼントするプチギフトなどにオススメの一品。意外と見た事が無いという人もいるのではないでしょうか?中々今時手に入りづらい、懐かしい飴をイベントのときに注文してみると大好評かも?!

雅な形が色とりどりに揃う落雁

いにしえの人々が育んできた今に生きる金沢の風情を、加賀百万石、紅格子、友禅流し、四季の花ぞろえ、囲い茶と、菓子に描いた本格的落雁「今昔」でございます。

出典 http://moroeya.net

お盆の頃になると落雁がよくスーパーでも販売されていますが、お菓子としても日持ちしお茶請けとしてよく使われる一品です。

形も様々あり、その季節に沿った形を表現した落雁もありますのでちょっとした手土産・慶事用にもオススメのお菓子です。

予約が必要な大人気のどら焼き!

1922年創業。歌舞伎座路地裏に佇む90年の歴史がある老舗和菓子屋。 先代の味と技術を守り、煉切で作る手のひらサイズの花ずし、果物かごなどの創作和菓子が名物。

朝から焼き上げるどら焼きは、しっとりとした皮と、最高級北海道十勝産小豆を使用し、甘さ控えめの餡が特長。

出典 http://tabelog.com

予約をオススメされているほど大人気のどら焼きです。オリジナルの焼印まで可能というサービスですが、なによりもその味が美味しい!と有名なお店だそうです。

色々な焼き印を選んで入れる事も、オリジナルと作る事もできるそうです!

パリっとした皮と餡のハーモニー「最中」

日持ちするお菓子で上品な味とかわいらしい姿が特徴的な最中は、代表的なお茶請けのひとつだと思います。とても美味しいですよね!

パリっとした皮に中のあんこが甘くて美味しい!お茶とよく合います。羊羹で有名なとらやさんですが、最中もありました。ちょっとしたご挨拶などのお土産に、とらやさんだからこそ「最中」を選んでみるもの喜ばれるかも?!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス