やりたいことがあるけど、●●だから出来ない。そんな言い訳をしていませんか。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

でも、周囲を見渡すと、「どんな状況でもやりたいことをしている方」を、見かけませんか。お金や時間がある人も居るかもしれませんが、そうは見えない方も、夢や目標をどんどん叶えていっている方もいらっしゃいます。

この記事を見ると、言い訳が出来なくなるかもしれません。ぜひ、冷静になって人生を振り返ってみて下さい。

私たちの人生:赤ちゃん。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

当たり前ですが、誰にでも幼い時期が有ります。

この時期は親や親族などに育てていただき、自分の意志はないと思われるかもしれませんが、早い子であれば2・3歳から自分の意思表示をして、音楽や芸術に励む子供も沢山居ます。学べる環境が有るかどうかは、家庭により異なりますが、「やりたいことをやる」という意思表示はこの段階から始まっています。

また、子供の意思に関わらず、私立で学んで居る、ある程度の経済状況のご両親であれば、0歳・1歳から勉強をはじめる家庭も多くあります。

保育園・幼稚園。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

この頃には、自分の意思と両親の意思の両方で「やりたいことをやる」子供が多いでしょう。経済的な援助は親がしますが、意思表示は子供の意思があってこそのもの。

この時期であれば、「語学」「スポーツ」「音楽」「芸術」等が一般的でしょうか。習字や塾に通う子も居ますね。将来何をするかが明確な子、明確ではないけれども、将来に備えて知識や教養を身につけたいと、頑張る子供が沢山います。

小学校。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

小学校に入ると、「学校だけに通う子」と、「学校が終わったあとも頑張る子」と、明確に分かれてきて、仲良くなるグループも同じような習い事や、経済状況の子になってくると思います。

だいたいの子供が、漠然とですが、「将来のために勉強をしよう」と思うのも、この頃でしょう。学習塾、スポーツ、語学、等の他、習字や茶道など、将来の留学を見据えて、日本のことを学ぶ子供も沢山居ます。

中学・高校生。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

この段階で、ずっと公立高校に通っていた場合でも、多くの子供たちが「受験」を経験するでしょう。希望通りの進路に進める、進めないという葛藤の他、経済状況に応じて、高校生からはアルバイトをしたり、奨学金を使用したり、または経済的な事情で進学を諦めて働きだしたり。もしくは留学をしたり、将来に備えてさらに勉強したりと、人生の岐路に立つのがこの辺りでは、無いでしょうか。

やりたいことをする、しない。出来ない、諦める。という明確な挫折を感じ始めるのも、この頃からかもしれません。

大学・大学院。進学しない場合は、就職するか、しないか。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今でこそ大学進学率がとても高くなっていますが、高卒や専門・短大卒で社会人になる方。就職をせずに結婚を選ぶ女性もまだまだ、少数では有りますが、居ます。

大学に進学をした場合でも「何となく進学をした人」と、「勉強したい分野が決まっている人」では、将来のキャリア形成が大きく変わってきます。自分で経営をする場合は別ですが、会社員としてどのようなキャリアを築くかは、有る程度の部分は、学生の段階で決まっていると言えるでしょう。

この時期に、起業・留学・就職など、自分の夢を実現する人・しない人に分かれてきます。

社会人。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

就職をすれば、今度は「会社の目」があります。

会社の業務とは全く違うことをしたくなった時、「転職」「起業」「休職」「留学」「副業」等、色々な選択肢が有ると思いますが、「時間」や「経済状況」との戦いになってきます。仕事をしながら、どう夢を叶えるか。当然、ひとつの仕事をしているときよりも忙しくなりますので、そこまでしてでも叶えたいことかどうかを吟味して、進路を決める必要が有ります。

時が過ぎて、結婚をして、母親になるかもしれません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今は色々な生き方があります。

結婚して子育てをする。事実婚で子育てをする。未婚の母の人もいれば、結婚をしているけれども子供は居ない。もしくは、ずっとシングルの方も居るでしょう。

でも「年齢を重ねるごとに、責任が増えていく。」のは、みんな一緒です。

どんな風に生きても、年齢を重ねていきます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1人で生きても、パートナーと一緒に生きていても、年齢を重ねていきます。

そして、人生には限りが有ります。時間を買うことは誰にも出来ません。体力的に、元気で動ける期間というのは、残念ながら限られています。その間に、一体どれだけのことを出来るでしょうか。

体が動かなくなってから夢を叶えると言っても、やはり制限が出てきます。

介護をしたり、自分がされる立場になることもあるのです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

さらに時を重ねていくと、今度は両親や親戚の介護、もしくは自分自身が介護を受ける年齢にさしかかるかも知れません。そうなると、自分の意思で体を動かせないということも考えられます。

人はいつでも、制限の中に居るが、いま何歳でも、今日がいちばん若い。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

学生時代も、社会人でも、ママでも。

みんなそれぞれの立場でやることが有ります。そして、周囲の目があります。でも、そんなことを言っていたら、夢を叶えるタイミングが、どこにも無いこと、気づいていただけたでしょうか。

夢を叶える人は、どんな状況でも夢を目標に変えて、毎日頑張っています。夢を叶えるのが偉い訳でも、夢を叶えない、無いことが悪い訳ではありません。でももし、心に秘めたやりたいことがあるなら、今から行動をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら