記事提供:dmenu映画

自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥です。
 
最近、あることが気になって夜も眠れません。あることとは、北野武監督の『アウトレイジ』と『アウトレイジ ビヨンド』で「バカヤロー」「コノヤロー」は何回使われているのか?問題です。
 
こういった問題の多くは、インターネットが解決をしてくれます。とりあえず、「アウトレイジ バカヤロー コノヤロー」でググってみました。

すると、某知恵袋に“数えてみました。合計109回でした。”というシンプルな回答が…。
 
しかし、回数のみで詳細がありません。『アウトレイジ』で109回なのか、『アウトレイジ ビヨンド』と合わせて109回なのか、誰が「バカヤロー」「コノヤロー」を何回発しているのか全くわからないのです。
 
そこで、数えてみました。

ルール

・『アウトレイジ』と『アウトレイジ ビヨンド』の「バカヤロー」「コノヤロー」をそれぞれ数える
 
・主要人物の「バカヤロー」「コノヤロー」を集計してMVB(モストバリアブルバカヤロー)とMVK(モストバリアブルコノヤロー)」を決める
 
・乱闘シーンで会話がかぶり、「コラァ」と「コノヤロー」が判別できないものは数えない
 
以上です。

『アウトレイジ』の「バカヤロー」「コノヤロー」を数えてみた

まずは、『アウトレイジ』の「バカヤロー」「コノヤロー」を数えます。
 
ファーストコノヤローは、大友(ビートたけし)。開始8分40秒頃、片岡(小日向文世)と喫茶店で話すシーンです。
 
ファーストバカヤローは、村瀬(石橋蓮司)。開始13分頃です。これは、本作品で村瀬が発した唯一の「バカヤロー」。
 
その後、嵐のように「バカヤロー」「コノヤロー」が飛び交い、大友が片瀬に捕まるときの「負けは負けだ、バカヤロー」がラストバカヤローと思いきや、最後のシーンで加藤(三浦友和)が発したバカヤローで幕を閉じます。
 
以下に、「バカヤロー」「コノヤロー」の合計回数をまとめました。

「バカヤロー」が16回、「コノヤロー」が48回、合計64回。ビートたけしが「バカヤロー」5回、「コノヤロー」14回でMVBとMVKを受賞しました。

『アウトレイジ ビヨンド』の「バカヤロー」「コノヤロー」を数えてみた

次に、『アウトレイジ ビヨンド』の「バカヤロー」「コノヤロー」を数えます。
 
ファーストバカヤローは開始9分38秒頃、ファーストコノヤローは開始10分6秒頃、ともに片岡がチンピラの取り調べを行うシーンで発しました。

ちなみに、大友のファーストコノヤローは、刑務所で片岡と話すシーン。開始24分40秒頃と、若干遅めのコノヤローです。
 
以下に、「バカヤロー」「コノヤロー」の合計回数をまとめました。

「バカヤロー」が11回、「コノヤロー」が34回、合計45回。MVBは「バカヤロー」4回の小日向文世、MVKは「コノヤロー」13回のビートたけしが受賞。
 
西野(西田敏行)、中田(塩見三省)はセリフの量の割に、「バカヤロー」「コノヤロー」が少ないという結果に。関西弁なので「アホォ」「ボケェ」が目立ちました。

某知恵袋の情報は正しかった

『アウトレイジ』と『アウトレイジ ビヨンド』の「バカヤロー」「コノヤロー」を合計すると、64回と45回で109回。
 
なんと、某知恵袋の情報は正しかったのです!
 
これでスッキリしました。今日からはなにも気にすることなく、ぐっすり眠れそうです。
 
異論反論は認めます。「いや、間違っている!バカヤロー!コノヤロー!」と思った人は、数えてみてはいかがでしょうか?
 
おやすみなさい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス