記事提供:NewsACT

ピザかな?パンかな?チヂミかな?

先日レポートした、蒸しガニがどっさりお通しとして出るダイニングバー「Caned Crab Bar」で食べた「丸ごとカマンベールの蜂蜜がけ」を自宅で再現してみました。

こちらでいただいたメニューのひとつ「丸ごとカマンベールの蜂蜜がけ」。鉄板ダイニングバーでもある「Canned Crab Bar」ですから、ただカマンベールチーズに蜂蜜をかけて提供するだけの料理ではなく、きちんと鉄板料理。すなわち、

こんな状態です。これは絶対鉄板で焼いてるんです。カマンベールチーズを丸ごとね!これだったら自宅でもカンタンに再現出来るのでは?今回のレポートは、自宅でその再現というわけです。

「まるごとカマンベールの蜂蜜がけ」再現してみた

用意するものはカマンベールチーズと蜂蜜だけ。

フライパンに油を敷き、カマンベールチーズを焼きます。

軽く焦げが付いたところでひっくり返してみる。

そしてフライ返しで押しつぶしてみる。

外側こそ硬いカマンベールチーズですが、熱して溶けた中身はドロドロ。これ、もう一回ひっくり返すのはコトだぞう…

と、案の定失敗した。

仕方ないのでオムレツ状に形を整えながらある程度水分が飛ぶまでじっくり焼きます。

出典 http://livedoor.blogimg.jp

ふつふつと泡(?)が立つ、焼きカマンベール。表面のサックリ感と中身のトロ感のバランスを見つつ、切っても中身が流れ出ない程度まで水分を飛ばします。

良い頃合いで皿にあけ、蜂蜜をかければ完成。

表面サックリ、中身はシットリとした「焼きカマンベール」。その食感と、水分を飛ばしたがゆえの味の濃さ。うまーい!うまーいよこれー!ワインに合う!!

見た目こそさすがにお店で食べたものには劣りますし、お店で作っている様を見ていたわけではありませんが、けっこう味的には再現度高く出来ました。

うまーい、サクッ、ゴクリ、モグリ…と瞬く間に食べ切ってしまい、そのカロリーが気になるところですが(カマンベールまるごと1個だもんな…)、これ超カンタンだし、ちょっとしたホームパーティでも喜ばれそう!

ぜひお試しください!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス