記事提供:和食ラボ

ワインのおつまみとして欠かせないチーズですが、同じ発酵食品ということで、実は日本酒との相性もばっちり。今回は、日本酒にピッタリのチーズの「和つまみ」を紹介します。

1. 夕食のメインディッシュにも「鮭の味噌チーズ焼き」

こちらは、おつまみも発酵食品同士の組み合わせで作る味噌チーズ焼き。鮭と味噌、鮭とチーズも合うので、日本酒の良いおつまみになります。

材料(2人分)

生鮭(切り身60g) 2切れ
塩 少々
こしょう 少々
ピザ用チーズ 10g
黒ごま 小さじ1/3
しし唐辛子 4本
(A)
マンジョウ芳醇本みりん 小さじ1/3
キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 小さじ1/3
白みそ 小さじ1/3

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. 鮭に塩、こしょうをふり、10分おく。
2. (1)の鮭の水分をキッチンペーパーでふきとり、混ぜ合わせた(A)を塗り、チーズをのせてごまをふり、グリルで焼く。途中、竹串でつついたしし唐辛子も加えて焼く。器に鮭を盛りつけ、しし唐辛子を添える。

出典 http://washoku-lab.net

2. とろとろ食感の湯葉とチーズが絶品!「生湯葉チーズ和え」

ミルフィーユのように何層も重なった湯葉とチーズが、口の中でとろける一品です。だし・みりん・醤油の和風味が意外にもチーズにマッチ。

材料(2人分)

生湯葉 80g
チーズ(マスカルポーネチーズ) 大さじ3
わさび(すりおろし) 少々
(A)
だし汁 1/3カップ
酒 小さじ1
マンジョウ芳醇本みりん 小さじ1
キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 大さじ1
片栗粉 小さじ1

作り方

1.小鍋に(A)を合わせ、弱火にかけてかき混ぜながらとろみをつける。
2.器に食べやすく切った湯葉、チーズ、湯葉の順で重ね、冷ました(1)をかけ、わさびを添える。

出典 http://washoku-lab.net

3. 香り抜群!「はんぺん卵 チーズ風味」

チーズと焦がし醤油の香りがふわっと漂う一品。スイーツのような可愛い見た目がおもてなしにもぴったりです

材料(2人分)

卵 2個
はんぺん 1枚
サラダ油 少々
(A)
砂糖 小さじ2
キッコーマンいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ 少々
粉チーズ 小さじ2

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. 卵はざっとほぐし、(A)を加え混ぜる。
2. はんぺんは1cm角に切る。
3. (1)に(2)を加え、ざっと混ぜる。
4. フライパンにサラダ油を熱し、(3)を流し入れ、蓋をして弱火で、卵に火が通るまで蒸し焼きにする。

出典 http://washoku-lab.net

4. 濃厚なほうれん草の和え物「ほうれん草のカッテージチーズ和え」

ほうれん草の胡麻和えに、チーズが上手に調和した一品。噛む度にチーズが香り、お酒がすすみます。

材料(2人分)

ほうれん草 1/2わ
塩 少々
キッコーマン本つゆ 大さじ1/2
白ごま 大さじ1
カッテージチーズ 100g
(A)
キッコーマンいつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
塩 少々

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. ほうれん草を塩ゆでし、4cmくらいに切り、水気を絞り、本つゆを混ぜる。
2. 白ごまを香ばしく炒り、すり鉢に入れてざっとする。カッテージチーズを加えてさらにすり、(A)で調味する。
3. ほうれん草を軽く絞ってすり鉢に加え、和える。

出典 http://washoku-lab.net

5. 見た目は洋食?その味は…「高野豆腐のチーズハムサンドフライ」

高野豆腐のフライは、和食ではなかなか目にする事がありません。ハムやチーズを使っているので洋風かと思いきや、ゆずの香りが優しく包み、上品な味に仕上がっています。

材料(2人分)

高野豆腐 2枚
ハム 1枚
プロセスチーズ(5mm厚さのもの)  2枚
大根(すりおろし) 適量
キッコーマン柚子の香り ゆずか 適量
クレソン 適宜
揚げ油 適量
(A)
キッコーマン本つゆ  大さじ2
水 2カップ
(B)ころも
小麦粉  適量
溶き卵 適量
パン粉 適量

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. (A)を火にかけ、ふちが泡立つくらいまで温める。
2. 高野豆腐は小さいバットに入れ、(1)を注ぎ、冷めるまでおく。
3. 水気を絞り、厚みの中央に袋状の切り目を入れる。
4. ハムは2等分してチーズを巻き、(3)に差し込む。
5. (B)でころもをつけて175度の油で、両面返しながらカリッとするまで揚げる。
6. よく油をきって食べやすく切り、あればクレソンとともに器に盛りつけ、大根おろしとぽんずを添える。

出典 http://washoku-lab.net

6. 梅とチーズの意外な組み合わせ「鶏の梅チーズ焼き」

鶏と梅、鶏とチーズの組み合わせはよくありますが、梅とチーズはちょっと珍しい。チーズを使っているにも関わらずさっぱりした味と、梅の風味が、日本酒の良い引き立て役になります。

材料(4人分)

鶏ささ身 4本
青じそ 8枚
梅干し(大) 4個
プロセスチーズ(かたまり) 100g
わけぎ 1/2束
サラダ油 大さじ2
塩 少々

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. ささ身を薄くそぐようにして、大きく広げる。
2. 青じそは軸を切り、梅干しは種を取っておく。
3. チーズは1cmの棒状に切る。
4. わけぎは4cm長さに切る。
5. ささ身1枚の上に青じそ2枚を広げてのせ、梅干し1個とチーズ1/4量を手前に均等に置いて、斜めに巻く。
6. フライパンに油を熱し、(5)の巻き終わりを下にして入れ、焦げ目をつける。ときどきころがして、全体をきつね色に焼き上げる。取り出して、食べやすく切る。
7. (6)のフライパンに(4)を入れ、しんなりするまで炒め、塩で調味する。
8. (7)を皿にしき、(6)を盛る。

出典 http://washoku-lab.net

7. 日本酒にはやっぱり魚!「いわしの落とし揚げ」

お刺身をはじめ、魚料理と日本酒のマリアージュが絶品なのは言うまでもありません。では、チーズとお魚、その相性は?

材料(2人分)

いわし(すり身) 200g
卵(小) 1個
粉チーズ 大さじ2
青ねぎ 4本
青じそ 4枚
揚げ油 適量
きゅうり 1/2本
赤玉ねぎ 少々
レモン 1/4個
(A)
キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 小さじ1/2
酒 大さじ1
しょうが(しぼり汁) 小さじ1
みそ 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1

出典 http://washoku-lab.net

作り方

1. 青ねぎは小口に切り、青じそは粗みじんに切る。
2. ボウルにいわしのすり身、卵、粉チーズ、(A)を加えて混ぜ(1)を入れてかき混ぜる(柔らかめの生地ができる)。
3. 揚げ油を170℃くらいに熱し、(2)の生地をスプーンですくって油の中に落とし、ゆっくりと色よく揚げる。
4. きゅうりと赤玉ねぎは薄切りにして塩水(分量外)に5分くらいさらし、水気を絞って、レモンと一緒に盛り合わせる。

出典 http://washoku-lab.net

チーズを日本酒のアテにする…一度試せば、病みつきになること間違いなし!気になるレシピがあったら、ぜひ実践してみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス