記事提供:いいモノ調査隊

花粉やホコリなどが付くのを嫌って、洗濯物は部屋干し派の筆者。タオルやTシャツなどは、折りたたみ式のステンレス製の物干し竿に干しておりますが、あまり高さがありません。

ハンガーを使うワイシャツなどは床に着いてしまうため、シャツやセーターなどは姿見鏡にぶら下げるという荒業でしのいでおります。

しかし、娘からは『鏡が使えない!!』という当然のクレームが…。とはいえ、乾燥機は色うつりすることが多いので使いたくないし、クリーニングはもったいないし。そこで、こんなものを買ってみました。

なにやら長い商品名が気になりますね

ちなみに筆者宅ではこんな感じでシャツを干しております


筆者が購入したのは、大一鋼業が販売する、「吸盤フック ちょこっと右へ60°室内物干し」というかなり長い商品名の物干し。ポイントは、ガラスやタイル、金属などの平らな面に取り付ければ、すぐに物干しとして使えるところ。

吸盤式ながら、吸盤内の空気を抜いて固定するので、耐荷重は5kgと強力。これなら、かなりの洗濯物でもラクラク干せそうです。

吸盤を強く押し付けながら右にカチッとなるまで60°回します

シャツ4枚程度ならなんら問題ありませんでした


取り外す時は、吸盤を左に60°回すだけでOK。ちょっとしたスペースを有効利用できるのがいいですね。これで、娘に怒られなくて済みそうです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス