細部まで緻密に描かれたこの作品。マジックで描いたとしても驚きですが、実はこれ…

ワイヤーを折り曲げて作っているんです!

まるで“3次元の線画”のように見えるこの作品は、アメリカ、プロビデンスで活躍中のアーティスト“CW Roelle”さんの作品でして、

硬いワイヤーを巧みに使い、曲線はもちろんのこと、絨毯のフワフワ感まで、驚く程完璧に表現されています。

ちなみに“CW Roelle”さん。もともと線画をメインに活躍していたらしいのですが、ワイヤーと出会ってからは、もっぱらワイヤーによる作品作りに没頭しているとのこと。では、線画を3Dに昇華させた“CW Roelle”さんのワイヤーアート。一挙にご覧下さい!

いかがでしたか?

線画を得意としていただけあって、緻密であり、美しさすら感じる“CW Roelle”さんの『Metal Wire Art』。これはお見事としか言いようがありませんね。

風景から人物まで、幅広い作品を手掛ける“CW Roelle”さんの作品の数々。まだまだ紹介しきれていない作品がたくさんありますので、ワイヤーアートに魅力を感じた方は、彼のHP、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス