テレビで話題になっている、益子のビルマ汁。

世界中のお料理や日本の郷土料理にとても興味があるので、早速調べてみました。

益子町は栃木県宇都宮市の東に位置しています。最初に「益子・栃木」と聞いて、すぐに浮かんだのは、U字工事(笑)。彼らは大田原市出身で、ビルマ汁とは関係ありませんでした~♪

本題に戻ります。こほん。

ここからは、益子のビルマ汁だけを扱うサイトがありましたので、そちらから引用させていただきます。

益子町

益子町内に田町という地区があります。この地区のごく一部の家庭では夏になると、出てくる定番メニュー、ビルマ汁。

ビルマ汁の歴史は、1945年の終戦の年まで遡ります。

当時、太平洋戦争で出征された「もおかや」の先代飯塚潤一さんが、戦地ビルマ(現ミャンマー)で食べたスープの味がとても美味かったと忘れられず、終戦帰国後、当時の日本で手に入る材料で当時のビルマで食べた味を再現したのが始まりです。

その味を近所の方々に伝え、長年、田町自治会では、夏の家庭料理として、食卓に並んでおりました。

赤々に熟したトマト、夏野菜の代表格ナスやインゲン、地元産のジャガイモやニンジンをぶつ切りにし、和風だしで煮込みます。トウガラシで辛味を出し、カレー粉で風味を付け、出汁のきいた熱々で辛味のあるスープは後を引く美味しさです。

汗だくになりながらすするビルマ汁は、知っている者にとっては、夏になると思いだす一杯です。

出典 http://www.mashiko-burma.com

へぇ~、そうだったのか!

「益子のビルマ汁」で商標登録されているのだそうです。だから、お店で提供する場合、許可がいるんですって。

出典 http://www.mashiko-burma.com

材料と作り方。

切って煮るだけ!本当に簡単で、いつでもすぐに作れる家庭料理ですね。

19の店舗が、リストに掲載されていました。近くに立ち寄る機会があったら、ぜひ本場の味を楽しんでみたいですね!

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

おいしそうなので、すぐに作ってみました。

上記の材料の半分で作っています。具材は、全くアレンジを加えず、基本のものだけを使いました。

他のときは、夏野菜をふんだんに、ということでズッキーニ、パプリカも加えました。

鍋にトマト以外の野菜を入れて、ひたひたに水を注ぎます。和風だしを振り入れます。

あくをとりながら、ぐつぐつぐつ・・・野菜が柔らかくなるまで煮ます。

味付けには、ひとつ、基本のレシピと違う材料を加えました。カレールーの粉末タイプを1人分、カレー粉に足しています。

それぞれお店でアレンジしているそうなので、私は味見をしてこくが足らなかったので入れました。あまりルーを入れると、カレーになってしまうので、ほんの少量だけ加えます。

できあがり。

スープカレーに似てるかな?夏野菜がたくさん菜園で収穫できたときに作ると良いですね。夏バテ防止に、今年は「ビルマ汁」がおススメです。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス