学生のうちに、アルバイトをしておきたい。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

このように考えられる方は、多いのでは無いでしょうか。もし通われている大学が医学や私学、研究などが選考の場合、アルバイトはしない。もしくは同じ分野のものをすることをおすすめしますが、今日はそれ以外の方におすすめのアルバイトをいくつかご紹介します。

就職をしたあと、副業はなかなかしづらいもの。ぜひ学生のうちにこれらのお仕事を機会があればやってみて下さいね。

1,カフェの店員さん。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

時給はあまり高くはありませんが、ドリンクやフードの提供、お店の清掃など、店舗全体とお客様を見渡せる広い視野、協調性を身につけることが出来ます。

居心地の良いカフェの場合、大学4年間ずっと居続けるという方も多いようです。

2,フレンチorイタリアンレストラン。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

レストラン勤務をする場合、ぜひ「ある程度の客単価が有るところ。」をお勧めします。

キッチン:簡単な調理を学べ、手際が良くなる。お料理を学ぶことが出来る。

ホール:テーブルセットやお客様との会話の中で、コミュニケーション力、マナーの両方が磨かれる。

どちらのポジションに就いても学ぶことが沢山ありますので、おすすめです。

3,ハイグレードなホテルのフロント。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ハイグレードのホテルの場合、世界中の方々が訪れることでしょう。その際、日本語だけではなく他言語でのおもてなしが出来ること、各国のゲストに対して失礼の無い接客が出来ることは、社会人になった時に、大きく役立つことでしょう。

4,ハイグレードのホテルのメイド。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

こちらも、おすすめ致します。

単価の高いホテルを利用される方=殆どの場合、ある程度のお金を持っていらっしゃる方です。「どこを掃除すればいいのか。」「富裕層はお部屋のどこを見て綺麗と感じるのか。」を、勤務の中で学ぶことが出来ます。

ただ掃除をすればいい。というマインドではなく、経営者が使うようなグレードのホテルのメイドを務めることで、会社に入ってからも「経営者目線での掃除」がすぐに出来るようになるでしょう。

5,エンジニアなど、希望職種・希望している企業へのインターンへ行く。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

企業によっては、報酬が「昼食代+交通費」というところもあるようですが、殆どの場合、時給1000円程度の時給が支給されているようです。

もし希望職種や希望の企業でのインターンを募集していたら、迷わず応募しましょう。就職前に実際に勤務をすることで、「その企業が自分に合っているかどうか」を客観的に判断することが出来ます。

あくまでも「学校最優先」にアルバイトをしましょう。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アルバイトをしないと大学に通えない。という方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない場合は、絶対に学業を優先にしましょう。

アルバイトにのめり込んで大学に行かなくなり、結果的に良い就職ができなかったという相談をよく受けますが、アルバイトも学校も「よい就職をするためのステップ」です。

目的を間違えずに、社会人として役立つスキルをアルバイトやインターンで身に付けることをおすすめ致します。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら