記事提供:秒刊SUNDAY

ネコという生き物は、なぜそこまで人間を癒してくれるのか。いや、人間が癒やしを求めて「生み出した生物」それがネコなのかもしれない。

そうとしか考えられないほど見事なまでに完璧に人間の母性本能をくすぐってくるその愛嬌溢れる姿は、もはや彼らの脳内に組み込まれた「本能」としか考えられない領域である。そしてこちらのネコは更にその癒やしをブラシアップしてきているのである。

(´・ω・`)ショボーン…。いやいやもちろん彼はそんなに困っているはずはないのですが、我々人間からしてみれば、どうしても「どうしたんだい?」と問いただしたくなるような眉毛の模様。もちろん眉毛のように見える「模様」であってネコの眉毛ではないのだ。

生後八週間のこのネコはインドで生まれ、たちまち話題を読んでいるのだという。眉毛のようなものは正確には「シミ」なのだという。

ああ、そんなところにシミがあって(´・ω・`)ショボーンとしているわけですね、納得。さてそんな飼い主さんはこちら。

飼い主さんまでもが(´・ω・`)ショボーンだとすれば尚更話題性はあったのですが…普通でした。

名前はイギリスのピアニスト「ゲイリー・バーロウ」に似ているからゲイリーだそうです。

似ていますかね?まあ、飼い主さんが愛情を持って育てるということでその辺はよしとしましょう。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス