記事提供:しらべぇ

AKB48の横山由依さん、あまちゃんでブレイクした足立梨花さん、グラビアアイドルの倉持由香さん、元モーニング娘。の石川梨華さん。

彼女たちに共通することは何だか分かりますか?

それは、自らチャームポイントは「お尻」と公言しているところです。

ところで女性のお尻と言うと、こんな言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

「男は歳をとると、胸よりお尻が好きになってくる」

出典しらべぇ

実際のところどうなのでしょうか?男性750人を対象に調査してみました。

Q.「女性の胸とお尻では、胸の方が好きだ」

全体的に、男性は“ヒップよりもバストが好きな傾向にある”と言って間違いないのかもしれません。

次に、年代別で比べてみました。下のグラフは「胸の方が好きだ」と答えた人の割合です。

結果的には、「男は歳をとると、胸よりお尻が好きになってくる」とは言えないことが判明。20代以外の世代ではほとんど差がありません。過半数がお尻の方が好きだという世代もありませんでした。

■胸チラが好き!「尻チラ」なんてないでしょ?

多数派である「胸派」の意見を聞いたところ、このような声が集まりました。

「胸の方が目に入りやすいから、意識することが多い」(40代/観光業)
「見た目に興奮する。胸チラがありがたい。尻チラなんてない」(30代/飲食業)
「揉んだり吸ったりしたいから。お尻ではできない」(30代/商品企画)

出典しらべぇ

たしかに、よほどのローライズを履いた女性がしゃがむような場面がない限り、「尻チラ」に遭遇することはなかなかないでしょう。

■お尻への個性的なこだわり

対する「お尻派」の意見を聞いてみたところ…

「ふっくら感がいい。大体はお尻の方がふっくらしている」(30代/営業)
「胸が大きい人はあふれているが、お尻の形がいい人は非常に少ない。だからいると見とれる」(30代/自営業)
「ボリュームがあるとエッチの時にいい音がするから」(40代/自営業)

出典しらべぇ

と、胸派に比べて魅力を感じるポイントがわかれているようでした。

世界各地での調査によると、アメリカや南アメリカ、アフリカの多くの国では、「お尻派」が上回っているそうで、世代よりも国民性で差が出ているように見えますね。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年2月13日~2015年2月16日
対象:全国20代~60代の男性750名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス