白いご飯じゃなくて、食パン…? 納豆トースト

出典 http://39.benesse.ne.jp

実は私、子供の頃から納豆トーストを食べていました。実家を出て一人暮らしを始めてからも、時々食べたくなったら食パンと納豆を買って来ては作っていたのですが、ふと思いついて検索をかけたら数年前からテレビなどで紹介されはじめ、一時的にブームとなったようですね。それまで食べた事がなかった方も初めて作ってみたり、とか。

ここで改めて納豆トーストについておさらいしてみようと思います。

各企業サイトやレシピサイトでも紹介されています

いつの間に市民権を得たのやら、最近では各企業サイト(主に納豆メーカー)やレシピサイトなどに納豆トーストのレシピが掲載されていて、今ではあまり珍しくなくなってきたみたいですね。それぞれアレンジが利いてたりしますが、紹介されているサイトを一通りまとめてみました。

納豆トーストが広まったきっかけは、上戸彩さん!

出典 https://www.youtube.com

調べてみると、ここ数年の間に納豆トーストが流行った一番のきっかけは上戸彩さんがテレビ番組、「ぷ」っすまで紹介したからなんだそうです。上戸さんはもともと大の納豆好きなんだとか。私は番組を見ていないので、どういう経緯で納豆トーストを発明したのかまでは残念ながらわからないのですが…。

先月、第1子を妊娠の発表をされたばかりの上戸さん、納豆を食べてぜひ健康を維持して貰いたいですね。

納豆トーストの材料はたったの3品です

材料その1:食パン

出典 http://www.makotoya.co.jp

スーパーなどで買える普通の食パンでOKです。甘いデニッシュ系はちょっと合わない気もしますが、甘じょっぱい味を楽しみたい方はどうぞ。

材料その2:納豆

出典 http://www.beauty-log.com

納豆トーストの主役です。パックについてくるタレやカラシもお好みで使えますので捨てないでください。大粒、小粒、どちらでもよいですが挽き割りよりは粒がしっかりとあるタイプの方が美味しいと思います。

材料その3:スライスチーズ

出典 http://qna.mcdonalds.co.jp

使いやすいのはスライスチーズですが、お好みでピザ用のとろけるチーズなどを使ってもかまいません。ですが、出来るだけ「とろける」タイプ、熱でチーズがとろっとするタイプの物を選ぶと美味しさがアップします。

チーズの種類によっては、柔らかくはなるけど溶けないタイプもあります。

さらにちょい足し!気になる隠し味とは…?

出典 http://woman.mynavi.jp

3つの食材で納豆トーストは作る事が出来ますが、重要なのはこの隠し味!

上戸さんもオススメしていた、マヨネーズなんです。私も子供の頃から食べていた納豆トーストに当たり前のようにかけていたので、ネットで上戸さんがマヨネーズを紹介していたと聞いてビックリしました。

もしかして、もともとどこかの地域で昔から伝わっているレシピとか…。

【マヨネーズの隠し味のコツ】

食パンの上に納豆、チーズ、その上にマヨネーズでもよし、納豆とチーズの隙間でもよし、お好みでどうぞ。マヨネーズの酸味とコクが美味しさをプラスしてくれます。

また、バターやマーガリンも塗りたい人は塗ってよし。私はマヨネーズの油分があるので、あえてバター等は塗りません。

納豆トースト愛好者の方がアレンジを編み出している

↑×海苔。このアレンジは流行っているみたいなので、基本レシピなのかも?

↑×マシュマロ。なんて斬新な…でも美味しかったみたいですよ!

納豆トースト、美味しすぎ!の声が続出してます

まだ食べた事がない人は、今すぐコンビニへGo!

納豆トーストの良いところは、材料がたったの3つ、コンビニでも買えるのでいつでも食べたい時にすぐ作れるのが人気の理由のひとつなんだと思います。

焼き上げる事で多少は納豆の臭みも飛びますし、チーズとマヨネーズの味で納豆の味も和らぐので苦手な人でも洋食感覚で食べられるんじゃないでしょうか?

納豆は体にもいいですし、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス