Macビギナーにとって、最初の課題はMacの操作になれることです。

操作に慣れること自体はそう難しいことではありませんが、そこからワンランク上の使い方を覚えようとなると、手探り感満点です。

今回は最も使用する機会が多いであろうFinderの操作に絞って紹介していきたいと思います。

1.Finderにはフォルダやアプリをセットできるよ!

セットしたいフォルダやファイルを選択した状態で、commandキーを押しながらツールバーにドラッグ&ドロップするだけでセット完了!

フォルダならセットしたフォルダがすぐに表示されます。画像や動画ファイルならすぐに開けます。

もちろん、よく使うアプリをセットしておいてもOK。クリックしてアプリを起動できます。
ファイルをセットしたアプリにドラッグ&ドロップすれば、そのまま編集できるので作業効率が大幅にアップ!

まさにDock要らずです。

2.複数ファイル選択から新規フォルダにまとめられるよ!

案外見落としがちな便利ワザです。ファイルを複数選択した状態で右クリック→「選択項目から新規フォルダ」で、フォルダ整理が簡単にできちゃいます。

新規フォルダ作成の手間が省けますね。

3.動画や音楽はプレビュー欄から再生できるよ!

アプリを起動せずともプレビュー欄で動画や音楽を再生することができます。マウスポインタを合わせると、再生ボタンが出現するんですよ。

ただし、すべてが対応しているわけではなく、拡張子の種類(.WMVや.AVIなど)によっては再生できない場合もあります。

ちなみに、動画の場合はマジックマウスを左右または上下にスワイプすることで、コマ送り再生もできます。

Macの便利な機能の1つ、クイックルックを使っても同様の操作が可能です。

クイックルックはファイルを選択した状態でスペースキーを押すだけです。知らなかった人はついでに覚えておくと便利ですよ。

出典 YouTube

画像だけではイメージしづらいかもしれないと思い、動画にしてみました。

いかがだったでしょうか。

こういった新たな発見ができるのがMacの楽しさでもあります。

本当にちょっとしたことで、劇的に操作が快適になります。ぜひお試しあれ!

この記事を書いたユーザー

空閑叉京 このユーザーの他の記事を見る

元PC誌系編集者で、現在はフリーライターとしてウェブメディアや雑誌の記事を書く日々を送っています。自身でも日々の生活をちょっと面白くするブログメディア:ガシュログ.com(http://gashubq.com)を運営しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス