国産スマホは防水仕様であることがほとんどですが、iPhoneや一部のスマホは防水でじゃなかったりします。水場の近くでの利用は控えておくのが無難ではありますが、写真や動画の撮影にスマホは必要不可欠ですよね。

万が一水の中に落としてしまったら…。電源が入らなかったらどうしよう…、データは大丈夫かな…、考えただけでゾッとしてしまいます。

しかし、英国生まれの「リヴァイヴァフォン」の存在を知っていれば、もう水没は怖いものではなくなります。

「リヴァイヴァフォン」は水没してしまったスマホの復活率が90%というまさにスマホの救世主なのです。

魔法の液体「リヴァイヴァフォン」で水没スマホの9割が復活!

「リヴァイヴァフォン」はなぜ水没スマホを復活させることができるのか。その理由は、水没して故障の原因となる水に含まれる「ミネラル成分」を、安全かつ最適な方法で除去することができるからです。

使い方はとても簡単。液体に入れて1日乾かすだけ!

使用方法は非常にシンプルです。付属のパウチ袋に「リヴァイヴァフォン」の液体を注いで、水没したスマホを入れた状態で密閉します。7分後に取り出したら、あとは24時間自然乾燥させるだけ。

これなら「リヴァイヴァフォン」の力を借りずとも、ただ自然乾燥させておけばいいと思ってしまうかもしれません。

しかし、僕は水没を3回も経験しているから言えます。よほどの奇跡でも起きない限り、ただの自然乾燥では完全復活することは稀です。復活しても何かしら異常が出ます。

世界で最初に発売されたiPhone6をビールピッチャーに落した男

出典 YouTube

ただの水没では物足りなかったのでしょうか。ビールに入れて実験しています。24時間経過後、電源を入れるまでの彼の表情はこちらまでドキドキさせられます。ちゃんと電源が入ってよかった…。

公式サイト、ショップ、家電量販店などで購入できます

2015年4月下旬より、日本でも発売を開始した「リヴァイヴァフォン」は公式サイトやAmazonなどのショップ、家電量販店などで順次販売されます。

一家に1つ、転ばぬ先の「リヴァイヴァフォン」

スマホを水没させてしまう可能性は、誰にでも大いにあります。自分は大丈夫だから、防水だからと侮っていてはいけません。防水スマホでも濡れて壊れるときは壊れるんです。

「リヴァイヴァフォン」はスマホが水没してから1週間以内の使用で復活率が90%(未充電かつ未通電の場合)ということをウリにしています。

一家に1つ、万が一に備える意味で持っておくと安心感がありますね。

この記事を書いたユーザー

空閑叉京 このユーザーの他の記事を見る

元PC誌系編集者で、現在はフリーライターとしてウェブメディアや雑誌の記事を書く日々を送っています。自身でも日々の生活をちょっと面白くするブログメディア:ガシュログ.com(http://gashubq.com)を運営しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス