記事提供:秒刊SUNDAY

日々の生活の上で特にダイエットを行っている方であればカロリー計算は気になるところです。

成人であれば1日の目安としては2000キロカロリーとされておりますが、体重を落としたい方はそれよりも遥かに摂取量を抑えなければなりません。

ということで数百カロリーの世界で制限しなければなりませんが、今回は100キロカロリーを食べ物で表すとどうなるかというものです。

―バナナ1本

バナナ1本でおおよそ100kcal。フルーツは割と糖分も多いためそれだけで思った以上に多くのカロリーが摂取できてしまいます。

―いちご25個

かと思えばいちごは25個で100kcalとなっております。

―コーラは1カップ

コーラは1カップです。1カップよりも少し少なめかな。

―アイスクリームは1すくい

アイスクリームはあのアイスクリーム用「おさじ」1すくいぐらいです。コーンを入れるとアウトですね。

―卵とパン1切れ以下

たまごとパンを100に抑えようとするとエライこととなります。たまごは意外にカロリー高め

―ピーナッツバターは5グラムとパン1枚

ピーナッツバター5グラムであればパンは1つ食べれそうです。

―チョコスナック菓子1本

チョコスナック菓子は1本で思った以上に多く食べることができそうです。

―キットカットは半分

かと思えばキットカットは半分。甘さが違うのでしょうか。

―くるみは5つ

樹の実は意外にカロリーは多いと聞きますが、これほどとは。

―ナッツは5つ

ナッツは5つ。おちおちバカ食いはできません。

ということで意外に100kcalは、食べ物に表すと少ないことが明らかとなりました。しかしだからといって抑えてもダメのようで、いかにこれらを吸収しないように代謝を良くした体づくりをして脂肪を燃やすかがポイントです。

極論を言うと5000kcal摂取してもそれだけ燃やせば問題ないのです。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス