記事提供:ガジェット通信

スター・ウォーズファン、映画ファンにとってはゴールデンウィークの目玉イベントという方も多いでしょう。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が4月29日(水)から6月28日(日)まで六本木ヒルズで開催されます。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』は、スター・ウォーズの魅力である壮大な物語性"サーガ"と、広大な世界観"ギャラクシー"を軸に、7つのヴィジョンで構成されたファン垂涎の展覧会。

限定グッズの販売や、屋上スカイデッキではダース・ベイダーと記念撮影も出来ちゃうのだ!筆者はプレス向けの内覧会に行って来たので、見所を写真と共にご紹介いたします。

スター・ウォーズの原点から実際に使用された衣裳&銃を展示

「スター・ウォーズの原点」では、ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』の前に映画化しようとしていたという『フラッシュ・ゴードン』や、映画監督として尊敬しているという黒澤明監督の資料などが展示。

現代最強の発明であるスター・ウォーズがどの様にして生まれたのか、興味深く見る事が出来ます。

「サーガと運命の肖像」ゾーンでは、実際に撮影に使用されたキャストの衣裳や小道具が。アナキンが小さい!こんな可愛い子がいずれ…。

「ストームトルーパー ブラスター」、「ハン・ソロ ブラスター」など、超貴重な銃の展示も。カッコ良すぎる!

ダース・ベイダーの中身ってこうなっているんですね。シュコー、シュコー。

この『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』で目立つのがアートの数々。

ルーク、レイア、ハン・ソロ、ヨーダ、オビ=ワン・ケノービなどなどの肖像画は筆使いに見入ってしまいますし、この写真のイウォークに囲まれているハン・ソロの絵、タイトルは「毛玉」!たまりません。

あの人気者からマニアックなヤツらまで!スター・ウォーズを彩るキャラクターたち

展覧会を盛り上げてくれるのは、楽しいこいつら!ジャバ・ザ・ハットは「銀河と生態系」ゾーンで皆さんをお出迎え。

映画で使用されたイウォークの衣裳やチューバッカ。

もちろん、R2-D2とC3POの姿も!

そして、普段はあまりフィーチャーされないキャラクターのフィギュアも盛りだくさん。ジャワとか、マフタックとか、可愛いなあ。

ドロイドの影が!会場の至るところに、こうした小ネタが満載なので、じっくりご覧くださいね。

光と音の演出に、スカイデッキではベーダー卿と記念撮影!

会場入ってすぐのダース・ベイダーが展示されているゾーンでは、光と音による演出も。

夜になるとライトアップした東京タワーと景色を楽しむ事も出来ます。

スカイデッキに上がるとダース・ベイダーと記念撮影出来るスペースが。

スカイデッキには「スター・ウォーズ展」入場料に加えて500円プラスとなりますが、ライトセイバーの貸し出しもあり、楽しい写真が撮れるので、ベーダー卿ファンはぜひチェックを。

買いすぎ注意!かわいすぎ、クールすぎな限定グッズたち

お楽しみのお買い物タイム。トルーパーのリアルマスクや、オシャレなアクセサリーなど、高額商品にも心奪われまくりですが、ここは一度深呼吸して、会場限定・先行グッズを優先的にチェックしていきましょう。

会場限定グッズは、これからの季節に嬉しいTシャツや、お土産の定番クッキー缶など。それでは、ここで筆者が実際に買ったアイテムをご紹介。

東京会場限定のイウォーク族の代表「ウィケット」1/4ぬいぐるみ(3,240円)、イウォークのドリンキングジャー(1,728円)。

トルーパーの白T。この夏、着倒すぞ~。

コンプリートしたくなっちゃうボールペン全8種類(400円)。

コミック風の柄がポップなミントタブレット(500円)。

食べるのがもったいない!オリジナルクッキー。などなど、魅力的なアイテムだらけなので、お財布と相談しながら楽しくお買い物しましょう。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』

日程:4月29日(水・祝)~6月28日(日)10時~22時(最終入場:21:30)※会期中無休 

会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)

入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円

※展望台、森美術館への入場も可

※屋上 スカイデッキは別途 500円

スター・ウォーズ展の会期中、フォトロケーションの設置あり(11:00~22:00※最終入場21:30荒天時クローズ)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス