いすに座っているときに無意識のうちについついやってしまうのが、脚を組むこと。一見セクシーな仕草にも見えますが、実は想像以上に身体へのリスクがあることを知っていますか?意外と知らない「脚を組む癖」がもたらす体への影響と、その改善方法についてお伝えします!

なぜ人は脚を組みたがるのか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そもそも、なぜ人は脚を組むのでしょうか?

きっと「なんとなく」「落ち着くから」と答える方が多いかと思いますが、その理由は「脚を組むことで安定を得るため」といわれています。

ヒトは非対称な生き物です。対称的な動作というものは日常生活にほとんどなく、右を運動、左を固定など別々の仕事を行わせています。(中略)しかしながら、利き腕や利き足、日常で行う作業の質、日常的の起こるストレスの方向などから重心を置く癖が発生します。

出典 http://www.kotubankyosei-iyashiya.com

どうやら左右非対称な身体のバランスを保つために、無意識のうちに脚を組んで安定させているようです。たしかに、なんとなく心が落ち着くような気もしますね。

しかし、「脚を組む癖」はどうやら美容や健康にとって大敵のようです。それでは、身体にどれだけのデメリットがあるかをご紹介しましょう。

「脚組み」デメリット①:骨盤のゆがみによる合併症

出典 http://www.gettyimages.co.jp

脚を組むことで、片方の脚だけに強い力がかかって骨盤がゆがみ、腰痛や生理痛の悪化、椎間板ヘルニアや自律神経失調症などといったさまざまな合併症を引き起こす原因となる可能性も。これらは日常生活に大きな支障をきたすことでしょう。

また、骨盤がゆがむことでボディラインが崩れたり、筋肉や骨にできた隙間を埋めるために脂肪が蓄積されるといった悪循環も起こりえます。

さらに身体だけではなく、脚を組むことで顔までゆがんでくるらしいのです……。

“長時間、首を前に出し、うつむくような角度”、首の筋肉が疲労し、フェイスラインの筋肉が下へと引っ張られることで、たるんで膨張した顔に。

出典 http://vitaminef.jp

顔がゆがむだけでなく、ほうれい線やたるみ、しわの原因にもなるのですね。

「脚組み」デメリット②:血行が悪くなり、毒素が溜まる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

また、血液やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝の低下につながります。それにより女性によくみられる冷えや肩こり、むくみ、便秘といった諸症状が起こりやすくなります。

血の流れが悪くなるので、毒素や脂肪が溜まり必然的に「やせにくい体」に…。ダイエット中の女性にとっては大敵ですね。

脚を組むのが癖になってしまっているそこのあなた!これからご紹介する4つの改善ポイントを実践して、美しいボディラインを手に入れましょう。

改善ポイント①:姿勢良く座る

まずは座っている時の姿勢を正しましょう。

■いすに深く腰掛ける
■あごを引く
■ひざ、腰と背中の角度は90度

これらのポイントを意識して、上に引っ張られるイメージで背筋を伸ばして座りましょう。

改善ポイント②:脚の間に物をはさむ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

できればひざを合わせてまっすぐ座るのがベストですが、もともと体がゆがんでいる方はこれがなかなか難しく、開いてきてしまうことも。

そんなときには、脚の間にクッションやタオルをはさむことをオススメします。骨盤を締めるだけでなく、内もものシェイプアップにもなり、美脚効果も期待できます。

改善ポイント③:いすの高さを調節する

また、脚を組む原因が「いすの高さが足の長さに合っていないから」という可能性もあるので、いすの高さを調節してみましょう。

腰、ひざ、ひじがそれぞれ90度になる姿勢が保たれる高さが理想です。調整が難しい場合は、電話帳や雑誌などをデスクの置き台にするのもいいかもしれません。

改善ポイント④:筋トレをする

出典 http://www.gettyimages.co.jp

バランスを安定させるために脚を組んだり、猫背になってしまうのは筋肉が弱ってきていることも大きな理由のひとつといわれています。

毎日10分間、腹筋背筋を鍛える筋トレを行いましょう。腹筋背筋が鍛えられれば、自然と美しい姿勢がキープできるようになると期待できます。

では、オフィスでできる簡単な筋トレをいくつかご紹介しましょう。

(1)椅子に深く座り、手で椅子を押さえて、上半身を軽く支えます。

(2)下腹に力を入れて、息を吐きながら両ひざを持ち上げます。上げたら少し止めて、息を吸いながらゆっくりと下ろします(5~10回繰り返す)。

(3)手のひらが上になるように指を組んで両腕を上げます。お腹の筋肉を伸ばすように意識して、背中を少し後ろに反らせながら上へと伸び上がっていきます。

出典 http://www.beauty-co.jp

①椅子に浅く座り、背筋を伸ばし、お腹をへこませ デスクに対して椅子を90度回転させます。

②そして上体だけをデスク正面に向かってねじり、パソコンを使います。

③左右に上体をねじり、60秒キープします。それを2回行って1セット。1日5セットが目安です。

出典 http://www.nhk.or.jp

これらの筋トレは、デスクで作業しているときや、休憩時間などで座ったままできるので、毎日の習慣として取り入れたいですね。

意識を変えれば、身体は変わる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

普段何気なくしていた癖が、これほど身体に悪影響をもたらしていたとは驚きですね。しっかりメカニズムを理解した上で、自分の生活習慣を見つめ直し、意識して改善すればきっと身体はそれに応えてくれるでしょう。

美しいボディラインをキープして、素敵な夏をお過ごしください!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら