記事提供:バズプラスニュース

フィットネス界で話題になったのがニューヨーク・タイムズの「イタリア産オリーブオイルは偽物だらけ」っていうインフォグラフィック(英文)。

ざっくりまとめると、いま市場に出回っているオリーブオイルの7割が安い植物油で水増しした偽物だ!という話でして、なかには使用が認められていない着色料で色づけした商品も出回っていると。

・偽オリーブオイルの大半には大豆油

この話は2011年ごろからあった話で、国内では日経ビジネスさんの記事がわかりやすいです。偽オリーブオイルの大半には大豆油やキャノーラ油が使われてまして、知らずにガンガン使うと、以下のようなことが起きるかもしれません。

・アレルギーの原因になる

オメガ6の量が多くなるので、オメガ3とのバランスが崩れて、アトピーやら花粉症を悪化させちゃう。

・慢性炎症の原因になる

大豆油やキャノーラ油は体の炎症を起こしやすいので、肥満や糖尿病につながりやすくなる。

・老けやすくなる

水増ししたオリーブオイルはポリフェノールが少ないので、酸化を起こしやすく、結果として老化の引き金になる可能性が大。

・品質を見抜くのはまず不可能

健康にいいはずのオリーブオイルの長所が台なしですな。といっても、素人がオリーブオイルの品質を見抜くのはまず不可能なんで、やはり信頼できるブランドを選ぶしかない感じ。

具体的に、研究で合格点が出たブランドをあげますと、『コブラムエステートエクストラバージンオリーブオイルクラシックフレイバー』や『カークランドピュアオリーブオイル』。

ちなみに、わたしはiHerbで『CaliforniaOliveRanch』を買うことにしております。個人的に味と値段と安全性のバランスが一番いいと思う。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス