記事提供:和食ラボ

ごはんを炊くための家電、炊飯器ですが、意外にも他の調理器具に比べて炊飯時間が長い…。今回は、忙しい朝でも実践できるごはんを短時間で炊く方法を紹介します。

浸漬・炊飯時の水をぬるま湯にする

研いだ後のお米を浸す水や、炊飯時に釜に入れる水を40℃程度のお湯に変えることにより、炊飯の時間を少々短縮することができます。劇的な変化ではありませんが、いつもの方法にひと手間で時短ができるのが最大の魅力です。

炊飯器でごはんを少しでも速く炊きたい時は、水から炊くのではなく、お湯で炊いてみましょう。お湯だと、米に早く水分が吸収され、通常の半分くらいの時間で、出来上がることもあります。 

ただし、あまりにも熱いお湯だと、米に水分を吸収するまえに沸騰してしまい、芯が残ってしまいます。人肌ぐらいのお湯が適温です。

出典 http://otoku.pya.jp

電子レンジとシリコンスチーマーは時短料理の強い味方!

時短料理に欠かせない電子レンジ&シリコンスチーマーの最強タッグ。このライススチーマーは、フランスで人気なのだとか。

電子レンジと「ジャポネ」があればおいしいご飯が食べられる

炊飯するときは、米150g(約1合)を洗米ののち分量外の水で30分から1時間ほど浸しておき、200mlの水とともに容器に入れる(2合は380ml)。

しっかり内蓋をしたら蓋をかぶせ、電子レンジに入れて600Wで9分調理する(2合なら11分)。

調理が終わったら、そのまま15分ほど蒸らせばできあがりだ。さっくり混ぜてお茶碗に盛りつけると、そこにはキラキラツヤツヤと輝く米粒の姿があった。

出典 http://kaden.watch.impress.co.jp

■ 用意するもの

・米…1/2カップ(茶碗に軽く2杯分のご飯ができます)
・熱湯…1カップ
・耐熱容器(蓋付きの物を使用)
・電子レンジ
・しゃもじ

■ 炊き方

◎STEP1:米を研ぐ
お米を研ぎます。

◎STEP2:熱湯に浸す
耐熱容器に米と熱湯を入れて、蓋をして5分間置きます。

◎STEP3:レンジで加熱する
蓋を取り、電子レンジの弱モード(200W)で15分間加熱します。

◎STEP4:軽く混ぜ蒸らす
レンジから出したらしゃもじで軽く混ぜ、蓋をして5分間蒸らします。

◎完成!
ピカピカご飯の完成です。

■ こだわりのポイント

・吹きこぼれを防ぐために、耐熱容器は深目の物を使用しましょう。
・米を熱湯に浸すことで、水につけるより短時間でできます。

出典 http://www.excite.co.jp

お米の調理も時短できる圧力鍋

弱火でことこと煮込まなければならない角煮など、時間のかかる料理の時短に欠かせない圧力鍋。もちろん炊飯の時間短縮もお手の物!一家に一台あって損はない、便利な調理器具です。

材料 (4人分)
白米3合水600cc

お好みにより高圧で炊くと、粘り気のあるご飯が炊けます。 加圧中はごく弱火(ホタル火)にしてください。

調理手順

加圧時間
<高圧/低圧切替タイプの場合>
【高圧3分/低圧5分→蒸らし10分】

<圧力切替がないタイプの場合>
【5分→蒸らし10分】

※最初は短い時間で試していただき、必要に応じて加圧・加熱時間を足して下さい。

1. 白米は洗って、ざるにあげてよく水気をきり、圧力なべの中で30分間分量の水に浸す。
2. ふたをして加圧する。
3. 加圧終了後火を止め、蒸らし時間をとり、圧力を下げてふたをあけ、さっくりと混ぜる。

出典 http://www.club.t-fal.co.jp

昔の人の知恵には勝てない?土鍋は簡単&短時間!

昔ながらの調理器具である土鍋は、鍋物をするとき以外は棚の中で眠っている…なんてこと、ありませんか?

せっかく土鍋を持っているのなら、使わなければ勿体ない!炊飯器よりはるかに時間が短縮できる上、おこげが出来るのも嬉しいポイント。

作り方

1. 米を研ぎ、土鍋に入れて30分水に浸けておきます。
2. 土鍋に蓋をして強火にかけます。沸騰してきたら弱火にして8分加熱します。
3. その後、弱火にして更に8分加熱します。再び強火で1分加熱し、炊き上げます。
4. 蓋は取らずに15分蒸らしてできあがりです。

土鍋でご飯を炊くポイント

• 炊く前に米に水をたっぷり吸わせます。普通の米なら、新米のときより水に浸ける時間を長くします。冬も長めに水に浸けます。
• 土鍋の場合は火加減は強火にし、弱火にします。再び強火にしておこげを作ります。この強火が大切で、火が弱いとべちゃっとしたご飯ができてしまいます。
• 炊いている間、絶対に蓋は開けてはいけません。
• 水は米と同量か多めに、かためが好きな人は少なめに。普通の米なら、新米のときより水の量を多めにします。

出典 http://www.donabe-bugyo.com

史上最速!たった6分でご飯を炊く究極の裏技!

土鍋や圧力鍋、シリコンスチーマーとは比べ物にならないほどの時短効果を発揮するこちらの方法。特別な調理器具は必要なく、どのご家庭にもある「ザル」さえあれば作れるのも魅力。

しかし、本来ご飯は時間をかけてじっくり炊くもの。この裏技は他の方法と比べて、ご飯の味が落ちてしまうのが難点です。

ご飯が6分で炊ける究極の裏技

洗って水に浸けてあったお米を、1合の米に対して、1リットルの割合で沸騰させたお湯に入れ、強火でふきこぼれないように6分加熱します。6分経ったら、ざるに取りだし、米を上下しながら水分を取っていきます。

すると、ご飯が出来上がります。おいしさの点では、やはり普通に炊いたご飯の方が断然おいしいですが。

出典 http://otoku.pya.jp

短時間で炊飯する際の注意点

炊飯の時間を短縮する際、気をつけなければならない点もあります。

これをせずに、炊飯の時間だけ短縮させようとすると、ご飯の味や食感が落ちてしまうので、味にもこだわるなら、かならず浸水の時間を設けましょう。前日の夜にセットしておけば、朝は炊飯のみで済みます。

電気炊飯器の場合は熱量が小さく時間をかけて炊飯する為、漬け置き時間は無くても炊飯できます。ガス釜や鍋など火力を使っての炊飯の場合は、熱量が大きい為短時間で炊飯する為、漬け置き時間は必ず必要です。

出典 http://www.kawaranousan.com

炊飯時に手が空くことを考えれば炊飯器はとっても便利な家電ですが、身近な調理器具を使って短時間で仕上げる方法が実はこんなにあります。

いろんな方法を試して、時間と仕上がりを比較してみては?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス