出典 http://87268726.jugem.jp

皆さん、昨年の8月20日に起きた広島の土砂災害を覚えているでしょうか?豪雨によって山が崩れ、多くの尊い命が失われました…。

家屋が倒壊し凄惨な状況の中、懸命の救助活動が行われていたことは忘れもしません。そして、その救助活動には人間と共に命がけで参加する救助犬の姿がありました。

出典 http://blog-imgs-69.fc2.com

足場も悪く、泥だらけになったり、時には肉球をケガすることもあるのに、彼らは懸命に救助活動をしてくれました。

そんな救助犬達の中に、夢之丞(ゆめのすけ)という子がいます。

出典 https://twitter.com

彼は、殺処分される寸前で保護され、訓練を受けて救助犬となった犬なのです。

保護された当時の様子もご覧下さい。

殺処分の2日前に奇跡的に保護された

出典 https://www.youtube.com

冷たい檻の中で、いつ殺されてしまうのかと怯えきった表情をしていた夢之丞…。殺されてしまう2日前に、保護されました。

出典 https://www.youtube.com

保護された当時、夢之丞は生後4か月でした。怯えているような、寂しいような表情に胸が痛みます…涙。

しかし、災害救助を行うNGO団体に保護され、愛情をたっぷり注いでもらった夢之丞は訓練を受け、救助犬として第二の犬生を歩み始めたのです。

広島の土砂災害での救助活動

出典 https://www.facebook.com

訓練を受け救助犬となった夢之丞の初仕事が、昨年に起きた広島の土砂災害でした。

泥だらけになりながら、一生懸命生存者を捜してくれていたのです。

出典 https://www.facebook.com

「けがしないでね」と声をかけずにいられない光景。

出典 https://www.facebook.com

泥だらけになった体をきれいにしてもらっています。ちょっとお疲れ気味の表情。

この懸命な救助活動の様子はネット上でも話題になりました。

そして、夢之丞の働きは今年4月に「功労動物賞」受賞という形で評価されたのです。

夢之丞が受賞した「功労動物賞」とは?

出典 http://peace-winds.org

功労動物賞は人命の救助等に貢献した動物、人と動物への理解に寄与した動物が選ばれており、今回は「夢之丞」を含む2件が選ばれました。

「夢之丞」の受賞理由は以下の通りです。

殺処分直前に救出。災害救助犬として訓練し、実際に広島の土砂災害の折に救助犬として活躍。国として殺処分ゼロを目ざしながらも、今もって年間12万8000頭が処分される日本の現状に、大きな示唆となる事例であり、今後ますますの活動を期待します。

出典 http://peace-winds.org

自分を殺処分しようとした人間をもう一度信じ、今度は人間を助けてくれたのです。夢之丞に限らず、犬は虐待など嫌なことをされるとなかなか心を開いてくれません。

夢之丞本人の心の広さや資質もありますが、NGO団体の方が愛情深く接し、信頼関係を構築したことにも頭が下がる思いです。

そんな夢之丞は、現在何をしているのかというと…

ネパールで救助活動をしています!

出典 http://blog.goo.ne.jp

4月25日に起きたネパール大地震。犠牲者数は5500人以上とも言われ、各国から様々な形で救助や支援の手が差し伸べられている状況です。

夢之丞も現在救助活動のために、現地にいます。

出典 https://www.youtube.com

人の匂いを一生懸命に探しています。

出典 https://www.youtube.com

夢之丞の先輩・ハルクも一緒に現地入りして活動中。鉄骨がたくさんある瓦礫の上で捜索してくれています。

出典 https://www.youtube.com

山の方へも救助活動をしに行っているようです。

日本のみならず、海外でも活躍し始めた夢之丞。

身勝手な人間のせいで殺されかけたにも関わらず、今度は人間を助けてくれている姿には感謝と尊敬の念を抱くばかりです。

一人でも多くの人を助けて、無事に帰ってきてね!

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス