使い勝手はクレジットカード

ひょんな事で支出を見直した事から、思い切ってクレジットカードを整理。そこで、前から気になっていたデビットカードを作ってみました。これが予想以上に便利です。

いまさら?という感じかも知れませんが、以前はデビットカードと言えば、金融機関のキャッシュカードがそのまま使えるカードが主でした。そのサービスの名称がJ-Debitです。

今回説明するのは、最近増えてきた、クレジット会社と提携発行しているデビットカードです。

J-Debitとは、金融機関で発行されたキャッシュカードが、お買い物やお食事代のお支払いにそのままご利用いただけるサービスの名称です。お支払いの際にキャッシュカードを提示し、端末に暗証番号を入力すると、ご利用代金がお客様の金融機関の口座から即時に引き落とされ、数日後に加盟店の口座へ入金される仕組みです。

出典 http://www.debitcard.gr.jp

このクレジットカードと提携しているデビットカード。勿論、クレジットカードのように分割やボーナス払いなどは出来ません。

あくまでもデビットカードの名の通り、支払いと同時に金融機関の口座から即座に一括で引落し、つまり現金感覚なのですが、使い方はクレジットと同じなのです。

クレジット会社を取り扱っている所なら、何処でも使用可能。ネットショッピングもOKなんです。

私の場合、支払い条件がクレジットカードというサービスを利用しているので、そこだけがネックでクレジットを使い続けていたのですが、このカードならそれも大丈夫でした。

現金感覚で支払い、クレジットのメリットはそのまま。しかも口座の残高がそのまま限度額

現金感覚で使えるのに、クレジットカードのようにポイントが加算されたり、キャッシュバックサービスを設けている会社もあるのもお勧めの一つです。

その上、クレジットカードに付帯している事の多いショッピング補償や盗難や紛失時のサポートまで付いていたり、まさにクレジットカードと現金払いのいいとこ取りなんです。

何より、口座の残高がそのまま限度額というのもいいですよね!

大きな買い物を一括でしたい時にも、現金を持ち歩くということもないのも安心です。生活費用とか、突発的な大きな買い物用などに口座(カード)を分けておくのも便利な使い方だと思います。

毎月入金額を決めておけば、ついうっかり使い過ぎる事もないのもいいですね。クレジットだとつい使い過ぎていた方は、是非チェックしてみる価値はあると思いますよ!

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス