ゴールデンウィーク後半、5月5日は「端午の節句」。3月3日の「桃の節句」と対比される、男の子のすこやかな成長を祝う国民の祝日「こどもの日」として慣れ親しんできました。でも、「端午の節句」について、知らないことが意外と多いのではないでしょうか?

というわけで、そんな「端午の節句の意外なトリビア」をいくつかご紹介します。

①元々は、薬草で邪気や悪霊を祓う古代中国の習慣

5月5日の端午の節句の発祥は、薬草で邪気や悪霊を祓うという、古代中国の習慣。これに日本古来の習俗などが加わり、病気や災厄をはらい、男の子の成長を願う行事として一般化しました。

端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます

出典 http://www.kougetsu.co.jp

5月5日になったのは音が一緒だったからなんですね。

②なんで、五月人形や兜を飾るの?

江戸時代初期となると端午の節句のお供え物として兜・鎧を屋外に並べる風習が生まれました。これは、鎧・兜には男子の身体を守るという意味合いが込められていたからです。

出典 http://nihonbunka.okcoram.jp

そしてその後、五月人形が生まれる事となりました。

③鯉のぼりを飾る理由は?

江戸時代の中頃になると、庶民は幟を立てられなかったので、かわりに鯉のぼりをあげるようになります。中国の故事「鯉変じて龍となる」という中国の故事にちなんで、子どもの立身出世の象徴として飾られるようになったのだそうです。鯉=「出世魚の象徴」というのは有名な話ですね。

鯉のぼりの上で揺れる五色(青・赤・黄・白・黒)の吹流しの色にも意味があります。五行の摂理からそれぞれ「木・火・金・水・土」を表しており、邪気を祓う強い霊力をもち、鯉とともに、その家の幼い子供を守り続ける存在です。

出典 http://www.mylohas.net

④最初、5月5日は女の子のお祭りだった!

江戸時代からは上巳(桃の節句のこと)が女の子の節句、端午が男の子の節句となったのですが、じつはもともと5月1~5日は「女児節」といわれ、女の子を着飾らせてお祝いをする日だったとのこと。

昔の日本では、田植えが始まる前に早乙女(さおとめ)と呼ばれる若い娘さん達が、田の神のために仮小屋や神社などに籠ってけがれを祓い清めていました。これを「五月忌み(さつきいみ)」といいます。つまり、五月五日は田の神に対する女性の厄払いの日だったわけです。

出典 http://iromama.com

これが「女児節」とされていた理由だとか

⑤なんで関西はちまき、関東は柏餅なの?

もともと平安時代に中国から端午の節句が伝来したときに粽(ちまき)が伝えられ、全国に広がっていきました。その後江戸時代に端午の節句が五節句のひとつになってから、縁起のいい柏餅が江戸の主流となり、伝統を重んじる上方は粽を伝承したのです。

というわけで、関東方面は柏餅。関西方面はちまきが主流です。

⑥端午の節句が祝日になったのは江戸時代

鎌倉時代には、武士の力が強くなると、武士は菖蒲を「尚武=武芸を尊ぶ」とかけ、盛んに端午の節句を祝うようになりました。
ただ、この頃は、今のような祝日ではなく、江戸時代から今のような祝日になったようです。

祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである

出典 http://ja.wikipedia.org

現在は端午の節句としての祝日ではなく、「こどもの日」

早い人はもうゴールデンウィークのお休みに突入しているのでしょうか?お子さんがいる家庭にとっては、大連休最後に控える「こどもの日(端午の節句)」は大切なイベント。よい良い「端午の節句」になるといいですね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス