今から10年以上前。青春してたアノ頃の僕らは夢中になって、真夜中の環七沿いに浮かび上がるラーメンと書かれた赤い提灯に群がり、長蛇の列に並んだ。

ようやっとカウンターに着き、無心に顔を突っ込んだ丼の中には・・・そう、真っ白な背脂がこれでもかとぶちまけられていた!!

背脂がラーメン舞台の主役の座から下りて久しいが、今でも郊外に行けば、ロードサイドにはアノ頃のように人気を誇る背脂ラーメン店はまだある。

そんなお店を中心に、これは背脂の量が半端ないぞ!!と戦慄を覚えた背脂爆盛りなラーメン店を選んでみた。

背脂好きの合言葉は“デキコテ”!■無鉄砲@沼袋

出典 http://blog.livedoor.jp

関西で豚骨を煮詰めまくったドロッドロスープで名を馳せた気鋭の東京進出店。注文時、麺の硬さ・ネギの量など好みに応じてくれるのだが、そこに「デキコテ」(=デキるだけコッテリ)なるオーダーがあり、頼むとエライことになるというので試してみると・・・な・な・なんと、ベチャ系背脂の雲海状だ!!

ベースのスープは、ふざけんなってくらいドロドロのド豚骨。見た目のインパクトは凄まじいが、脂多くとも美味しく食べられるよう考えられた破壊力のある逸品。

背脂も遂に宇宙規模!地球(テラ)へ…■丸め@東久留米

出典 http://blog.livedoor.jp

バスを利用しないと、最寄駅から徒歩ではとても向かえそうにない立地ながら、新潟・燕三条系ラーメン(出前でもスープが冷めぬよう背脂でスープに蓋をして、伸びにくいよう太麺を使用)として人気を博すコチラでは、脂マシが、メガ→ギタと来てMAXのテラまである。

ビヤーーーーッ!と一面背脂のビッグバン状態!!背脂は細かいタイプで、ベチャっとした形状。燕三条系といえばベースが煮干スープでも知られるのだが、食べ進むと背脂の間からひょっこり煮干しが香ってくるから面白い。背脂好きなら一度は体験したい。

背脂の凶器攻撃!?■ブッチャー@板橋

出典 http://blog.livedoor.jp

JR板橋駅近くに環七背脂を謳う高崎にある周麺の関連店。脂の量は、脂ぬき→少なめ→ふつう→多め→鬼脂 と5段感から指定可能。とくれば鬼脂!と行きたい所だが、この日の体調を鑑み多めで。それでも十分過ぎるベチャ系背脂の海!

スープ自体はあっさりしてて飲みやすくできている。この手の店は都心部や駅前は相当少なくなっているので、頼もしい。

老舗屋台風背脂地獄■貴生@立石

出典 http://blog.livedoor.jp

東京の下町・立石。京成立石の駅から離れた場所だが、奥戸街道沿いに夜ともなると地元のヤングメンが集まってくる人気店。中央に辛味の付いたトロトロのナンコツが乗ったホルモン麺が名物。

それを脂多めでお願いしたが・・・うわぁっ!!巨大な丼の淵まで固形背脂がビッチリ飛び散る背脂の海!

思わず身体がのけぞる。丼は浅いものの、底まで背脂がたっぷりで、スープをいくら飲んでも底なし沼のように背脂が出てくる。粒状の半固形背脂はふんわりと綿菓子のような軽い食感で、甘く、口中でトロけ、意外とクドくなく完食できる。

進化系土佐っ子DNAは二度がけ背脂"特製"の祖!■一秀@池袋

出典 http://blog.livedoor.jp

冒頭で述べた伝説の背脂、土佐っ子のDNAを受け継ぐ職人、平山氏のいた店。丼にタレを入れた状態で背脂を降り、さらにスープを入れた上に振りかける2段階背脂の特製を考案したのも氏。

圧倒的な背脂量ながら、高品質の背脂なので、意外とサクッと食べられる。奥底に潜むマッタリとして甘みさえ感じるタレとを混ぜた先にある恍惚は一秀ならでは。現在も特製は健在。

カオスな店内で味わう底なし背脂■じょっぱり@下赤塚

出典 http://blog.livedoor.jp

上記一秀と並び、土佐っ子DNAを受け継ぎし店。土佐っ子出身の店主が作る一杯は固形の背脂が透明油に浮き、往時の姿を凌駕する、正に油の地獄。

駅至近という好立地ながら夜のみの営業で、店内は完全に居酒屋。酔客ばかりの常連はアクが強く、独自のワールドが毎夜展開する、まさにカオス! そんなこんなを含め楽しみたい。

背脂激戦区で魅せる駅前路地の小店の実力■司@亀戸

出典 http://blog.livedoor.jp

夜の亀戸駅前。風俗店の看板もチラつく路地の一角にある小さな一軒。飲んだ〆に手繰るような、こういう町にはよくあるラーメン店に見えるが、背脂の量がMAX鬼盛りまで選べ、しかも鬼盛りにすると問答無用でニンニク入りという男気が試されるストロングスタイルなのだ。

何気に亀戸は、燕三条系の潤が進出した辺りから新旧取り混ぜての背脂密集地帯と化しており、そんな中でこうしたシッカリとした豚骨醤油ラーメンの実力派小規模店がパワフルかつ本格的な背脂ラーメンで挑む姿は実に頼もしい。

郊外背脂激戦区バーチーからの刺客■ごっつ@秋葉原

出典 http://blog.livedoor.jp

東京近郊には今でも背脂で人気を博す店が多いが、千葉の背脂有名店なりたけ出身の店が東京は亀戸に進出し、さらに秋葉原にもやって来た。

ベースは透明度の高いあっさりとした塩味の効いたスープながら、背脂を
さっぱり>ごっつ>ごてごて
から選べ、固形とベチャ系の中間タイプの背脂が、太麺と沢山の具とともにシッカリ堪能出来る。

進化する背脂ニューウェイヴ系■特麺コツ一丁ラーメン@幡ヶ谷

出典 http://blog.livedoor.jp

背脂ラーメンの祖、ホープ軒本舗の系統にある千駄ヶ谷ホープ軒出身の店主が腕を振るう、背脂としては比較的新しい店。

ネギ取り放題に、多めの太めの麵、そしてしっかりした固形背脂が浮かぶ姿は修業先を彷彿とさせるが、キッチリ出汁を取ったスープに一手間加えた具材と、ワイルドな中に丁寧な仕事が随所に垣間見られる、まさに背脂ラーメンの現在進行形といった一杯だ。

元祖の系譜が誇る、隠された真の実力■ホープ軒@千駄ヶ谷

出典 http://blog.livedoor.jp

その特麵コツ一丁の修業先にして背脂豚骨醤油の元祖を系譜に持ち、24時間営業で、嘗てタクシー運転手御用達と言われた神宮外苑の都会のオアシス。

普通に頼めば、多めの太麺とタップリの豚骨醤油スープに背脂が微量散見できる程度だが、コッテリでオーダーすると、途端に背脂の地獄絵図と化す。コッテリを目の前にすれば、ここが未だ現役の背脂パワースポットであると納得いただけよう。

――まだまだある、東京近郊の背脂豚骨醤油の名店――

この記事を書いたユーザー

刈部山本 このユーザーの他の記事を見る

表の顔は谷根千路地裏特殊喫茶店主。その実態は郊外と裏町が特に好物な、大衆文化闊歩人。背脂ギトギトでド豚骨なロードサイドラーメンに始まり、激渋酒場、町中華、大衆食堂、純喫茶から、公営ギャンブル場の売店を貪りながら、取り壊しが進む公営団地や錆びトタン長屋、戦前築のモルタル木造家屋、赤線跡、戦争遺跡、産業遺産を散策している。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス