いよいよビールが美味しい夏が近づいてきましたね。ビアガーデンなどのイベントも開催され始め、仕事帰りについグビッと一杯行きたくなっているかと思います。

しかしながら、給料日直前や節約中の方にとっては、外食費はできるだけ抑えたいところ。そこで今回は普段料理をしない独身男性でも挑戦しやすい「コンビニ材料で作るつまみレシピ」を紹介します。

その名の通り材料はコンビニで売っているもののみ!火も使わず電子レンジや混ぜるだけで作れる簡単なレシピをSpotlightの編集Mにも挑戦してもらいます。

未婚男子・編集M、コンビニ料理に挑戦!

今回コンビニ料理に挑戦するのは、編集のM。33歳独身。雑誌を見ておしゃれな飲食店とかチェックしちゃうタイプ。それゆえ普段は外食が多く、料理をすることはほぼない。普段はシャイに見られるが、酒を飲むと饒舌。

包丁を持つ手はかなり不慣れ。そして無駄に指がきれいなことも判明。(ヒゲ面のくせに。)企画の内容的にもっと男らしい手をしていて欲しかった!ミスキャスト!

おそるおそる切っているが、一体どんな料理ができあがるのか……

編集Mが挑戦したコンビニ料理4品のレシピはこちら!

ちくわのポテトサラダ巻き

材料
・ちくわ お好きな数だけ
・チーズ ちくわの数だけ
・焼きのり(3切) ちくわの数×2
・市販のポテトサラダ 適量

《作り方》
1. ちくわの片面に切れ込みを入れる。
2. ちくわにポテトサラダをつめる。
3. 2をチーズで巻き、半分に切る。
4. 3をのりでまく。

編集Mのワンポイントアドバイス
「チーズをきつめに巻くことがポイントかな。ゆとりがあるとのり巻いたときに格好悪くなるからね」

めんまとカニかまの中華風サラダ

材料
・キャベツ 適量
・めんま 適量
・カニかま 適量
・マヨネーズ 適量

《作り方》
1. カニかまは裂き、他の材料と混ぜる。(めんまの汁を入れてもOK!)
2. マヨネーズとあえて完成。

編集Mのワンポイントアドバイス
「ほんと混ぜるだけ。ポイントとかない」

さんま缶の和風パスタ

材料 2人前
・パスタ 200g
・さんまの蒲焼き缶 1缶
・千切りキャベツ お好みで
・市販の刻みねぎ 適量
・焼きのり(刻んで) 適量

《作り方》
1. 市販のパスタ茹で用の耐熱容器にパスタをいれ電子レンジで温める。
2. さんま缶をほぐし、茹で上がったパスタに汁ごとかけ、キャベツと混ぜる。
3. ねぎとのりを散らして完成。

編集Mのワンポイントアドバイス
「これもポイントはない。けど"市販のパスタ茹で用の耐熱容器に"とか説明くさいね。火使わないってとこをアピールしたかったんだろうけど、鍋で茹でてもいいよね」

プレッツェル菓子でグリッシーニ風

材料
・市販のロース生ハム お好みで
・プレッツェル菓子 お好みで

《作り方》
1. プレッツェル菓子を3本まとめて、生ハムで巻く。

編集Mのワンポイントアドバイス
「これレシピってほどでもないよね?」

いざ、実食!

と、その前にビールを注いで……と、今回は節約のため発泡酒で。伊藤英明の男臭いCMで話題の「淡麗極上〈生〉」をいただきます。

淡麗極上〈生〉を置いて。よし、完成!

いただきます!

「馴れないことしたからのど渇いた」とのことで。
まずは淡麗極上〈生〉から。ゴクッ

プハーッ!うめぇー!

「これもうビールと変わんないね。発泡酒だけど、キレがあるしガツンと飲みごたえがあっていい感じだわ」

自分で作った料理のお味は?

「いや、まぁ想定以上だよ。グリッシーニ風はそりゃまぁうまいわって感じだけど、パスタものっけただけのわりにしっかり甘辛い味がついてて男好みの味だね。蒲焼きのたれは万能だわ。ちくわはポテトサラダとチーズでクリィーミーな味になって女子ウケよさそう。けど一番のおすすめはサラダだね。めんまの食感もいいし、中華風でちょっとリッチな感じがするよ。まぁ俺の胃が年取ってきてるからあっさりしたものを好んでるのかもしれないけど」

「あーやっぱうまいわ、まさに極上。」

コンビニ料理×淡麗極上〈生〉で「コスパー」にぴったり!

ちなみに今回かかった食材代は1800円ほど。大人の事情で、それぞれの商品名と値段は控えさせてもらいますが(すみません)、だいたいそれぞれの値段は想像できますよね?「言うほど安くねーじゃねーか!」と言われそうですが、全部を使うと大量にできすぎてしまうので1人前に換算すると350円くらい。

「あれだね、数人で宅飲みするといい感じだね。マヨネーズとかパスタは大体置いてあるだろうし……コスパー(コスパのいいパーティーのこと)じゃん」

ダジャレっぽい発言も飛び出すほど上機嫌の編集M。いい感じに酒が回っています。是非とも淡麗極上〈生〉でコスパーを続けて、勝負デートの費用に充ててもらいたいですね!

編集Mでもできたコスパー料理ならぬ「火を使わないコンビニつまみ料理」。節約中のつまみにぜひ試してみてください。

ちなみに今回、編集Mを起用したのは「伊藤英明ばりに毛が強そう」という理由でした!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス