記事提供:しらべぇ

出会いあれば別れあり。すべてのカップルに当てはまるわけではないものの、一度は永遠の愛を誓い合った二人が、その後なんらかの理由で離婚してしまうケースは毎年一定数見られる避けられない現象です。

総務省による人口動態の統計(2014年)によれば、2014年の我が国の離婚件数は約22万組。

離婚の事情は人それぞれ違えど、そこにある種の共通点があるともいわれます。

今回、本サイトでは離婚経験者115人に「離婚した人じゃないとわからないこと」というテーマで回答を募ってみました

その結果、あきらかになった独身者や既婚者には決して予想できない離婚経験者だからこそ知っている「離婚あるある」を5つご紹介しましょう。

■離婚あるある1:離婚するとモテる!

離婚した後の独身生活は、既婚者生活を経験した後なのでとても楽しいし、離婚後はとてもモテるようになった(男性・30代)

離婚すると「バツイチと合コンしたい!」という誘いを多く受けるようになった(男性・20代)

たくさんの男性に交際を申し込まれた(女性・50代)

後ろめたかったのだが、年上男性から積極的にデートに誘われるようになった(女性・30代)

離婚するまでいろいろ大変だったが、その後たくさんの女性と知り合えるようになった。今では離婚に感謝している(男性・30代)

出典しらべぇ

■離婚あるある2:互いの両親が実は仲良くなかったことを知る!

両親に離婚を打ち明けたとき、あっさりOKしてくれた。おそるおそる理由を聞いてみたところ、嫁の両親と仲良くなかったらしい。一緒に旅行をしている仲だったのに(男性・30代)

別れてから元嫁の家族の文句を親が言うようになった(男性・40代)

もともと私の夫と夫家族が気に入ってなかったことを両親から聞かされた(女性・30代)

出典しらべぇ

■離婚あるある3:離婚はとにかく金がかかる!時間がかかる!手間かかる!

離婚したあとが金がかかった(男性・50代)

引っ越しや裁判など予想外の出費が多い(男性・40代)

離婚は結婚するよりも何倍もの体力が必要(男性・60代)

旧姓に戻す手続きが大変だった(女性・60代)

出典しらべぇ

■離婚あるある4:異性に期待しなくなる

離婚してから女に期待しなくなった。他人を信用しなくなった(男性・50代)

誰と結婚してもうまくいかないとわかった。結婚は忍耐でしかない(女性・20代)

付き合っていた時と結婚してからでは、人格が変わることを知りました。すべての人とは言いませんが、結婚してみないとわからないと思います(女性・30代)

出典しらべぇ

■離婚あるある5:離婚した人の気持をわかってもらえない

既婚者にはバカにされ、独身者にも憐れみの念で見られる。こっちもいろいろあったのに…(男性・30代)

女子のなかでは旦那とラブラブだった時にはさんざん褒めてくれたのに、別れたら私について話題にしなくなる人が多いです(女性・20代)

離婚を決意する時の気持ちは誰にもわかってもらえなくつらい(男性・60代)

出典しらべぇ

■意外と嬉しいこともある!?でもやっぱり…

離婚は往々にして辛いことばかりと捉えられがちですが、離婚経験者の声に耳を傾けたところ、予想だにしないところで嬉しい経験ができることもあるようです。

とは言え、やはりパートナーとは円満な関係を続けていきたいと考える人がほとんどでしょう。

こちらの特殊な「あるあるネタ」、あくまで参考程度に眺めるだけにしておきたいものです。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年4月17日~2015年4月20日
対象:全国20代~60代離婚経験者115名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス