1.魔法使いサリーちゃん

出典 http://blog.livedoor.jp

魔法少女のサリーちゃんは、日本で最初の少女向けアニメとなり、1966年~1968年にかけて放送されたのち、1989年~1991年にかけても放送されていたいのです。その為、アラサー世代が子供の頃に見ていたものを、母親世代も夢中になって見ていた人気アニメなのです。

マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン♪という魔法の言葉のようなテーマ曲が懐かしいですね。

2.ひみつのアッコちゃん

出典 http://www.amazon.co.jp

アッコちゃんも長きに渡り、愛され続けた女の子の憧れヒロインです。1回目のシリーズが1966年~1971年となりますので、こちらもアラサー世代の母親世代から愛されていたアニメなのです。

2回目のシリーズは1988年~1989年、3回目のシリーズは1998年~1999年に放送されていたのです。

アラサー世代の人は主に2回目のシリーズを見ていたのではないでしょうか。アッコちゃんが変身出来るテクマクマヤコンのおもちゃが大ブームとなりました。子供の頃に持っていたという人も多いのではないでしょうか。

2012年には映画で実写化もされました。

出典 https://sumally.com

女の子の憧れの職業に変身することができる魔法を使ってみたいと憧れたものです。

3.姫ちゃんのリボン

出典 http://ameblo.jp

1992年~1993年にかけて放送されていた姫ちゃんのリボンは、変身出来るリボンを手に入れた姫ちゃんと、大切にしていたぬいぐるみのポコ太が喋るという、現実ではありえない事ばかりが起こるのですが、魔法のリボンが欲しいと思ったものですね。

4.Dr.スランプ アラレちゃん

出典 http://drslumparare.seesaa.net

1981年~1986年まで放送されていたアラレちゃんは、「キーン」と元気いっぱい走り回ったり、「うほほーい!」や「バイチャ」、「んちゃ」といったアラレちゃん語も当時は流行りましたね。

5.あずきちゃん

出典 http://wmi.design.io

1995年~1998年に放送されていたあずきちゃんは、秋元康さん原作のアニメなのです。普通の女の子あずきちゃんですが、恋愛模様や友情など、思春期の女の子のバイブル的なアニメとなっていたのです。どこにでもいるようなごく普通の女の子という設定もまた、女子ウケが良かったのでしょう。

純粋だった子供時代を思い出しますね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アラサー世代の私たちが子供の頃は、アニメの黄金時代と言われている程、面白いアニメにとても恵まれていたのです。大人になっても懐かしい気持ちになれる、大好きだったアニメがあるというだけで幸せな気持ちに浸ることが出来るのではないでしょうか♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス