ペットが苦しんでいる時、飼い主ができること

ハスキー犬のケーンは突然後ろ足が動かなくなり、歩けなくなってしまいました。高齢であるが故に手術は不可能、投薬も効き目が無く、痛みに苦しむケーンの姿に飼い主の男性は心を痛めました。

しかし彼が選んだのは安楽死では無く、献身的なセラピーでした。

体重の負担がかからない水中でケーンのセラピーを開始

出典 https://youtu.be

水の中にいる間は痛みを感じないケーン

出典 https://youtu.be

リラックスしたその姿を見るだけで、飼い主も救われた気持ちになります

出典 https://youtu.be

しかし、たった二日のセラピーの結果、ケーンは再び歩くことができるようになりました!

出典 https://youtu.be

とはいえ、高齢のケーンにあとどのくらい時間が残されているのかは分かりません

出典 https://youtu.be

けれど、彼が生きている間はできる限りのことをしてあげたいと語る飼い主

出典 https://youtu.be

ケーンも、その愛情に応えてくれています

出典 https://youtu.be

ペットは一生の友達であり、家族

言葉の通じないペットですが、それでも大事な家族の一員。そんな愛する存在が病気や怪我で苦しんでいる時、飼い主はできる限りのことをしてあげたいと望むでしょう。例えそれが時として永遠の別れを意味するとしても、ペットにとって最善の選択をしてあげたいという心は動物を愛する人なら皆同じ。

ケーンは命にかかわる病気を患ったわけではありませんが、活動的な犬が歩けなくなってしまうのは大変辛い状況だったでしょう。それでも諦めず、できる限りのことをしてあげたいと努力した飼い主の祈りが通じた、温かいお話でした。

日本では一般家庭にプールなどありませんのでこんな風にペットの為にセラピーを施してあげることは難しいですが、いつの日か、そんな施設が増えたら素敵ですね、

出典 YouTube

こちらの記事もどうぞ

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス