スウェーデンからの贈り物。アンドレアス・エーマン監督初の長編作品!

シンプル・シモン

磁石と同じ。正反対だから惹かれ合うんだ。スウェーデン発、ハートフル・ラブコメディ。

【物語】
 物理とSFが大好きなシモンは、気に入らないことがあると自分の中に閉じこもり、想像の宇宙へ飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、お兄ちゃんのサムだけ。

でも、シモンのせいでサムは恋人に振られてしまう。彼女がいなくなって、落ち込むサム。そのせいで自分のペースを乱されるシモン。

サムに「完璧な恋人」さえいれば、元通りになると考えたシモンは、サムにぴったりな相手を探し始めるが…。北欧デザインのインテリアやファッションもカラフルな、心満たされるキュートでハッピーな物語。

出典 http://www.okura-movie.co.jp

冒頭から始まる、POPでクレバーなイラストが織りなすセンスの良い空間。そして北欧ならではの、カラフルな展開に心躍りだしたと思った瞬間、「シモーーーーン!!!」シモンの母が叫ぶ。

アスペルガー症候群である彼が、お気に入りでもあり、避難場所でもある、ドラム缶の中に引きこもり、一向に出てこないことに痺れを切らしたからだ。

このシーンで、心がぎゅっとして、一気にシモンに感情を肩入れして見始める瞬間となった。

2010年に、スウェーデンにて公開された「シンプル・シモン」。

アンドレス・エーマン監督、初の長編映画監督デビュー作にして、翌年の2011年にはアカデミー賞外国語映画賞へノミネート、日本国内でもトーキョーノーザンライツフェスティバル2012にて大好評を得た作品。

「もう一度観たい!!」と言った熱い反響を得て、去年、国内のミニシアターを始め、全国各地で話題となっていた「シンプル・シモン」。そして、今、優しくて暖かい気持ちを求める若い世代やオシャレに敏感な大人たちからの再注目を浴び、日本各地でじわじわと、再々ブレイク中。

『受け入れる』こと、『理解する』こと

主な登場人物は、アスペルガー症候群の シモン。唯一彼と「交信」の出来る、兄 サム。そして、ストーリーの中で、サムの恋人候補にしようと、シモンが躍起する女性、イェニファー。

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は、広い意味での「自閉症」のひとつのタイプです。最初に症例を報告したハンス・アスペルガーというオーストリアの小児科医の名前にちなんでつけられました。

アスペルガー症候群は、自閉症の3つの特徴のうち「対人関係の障害」と「パターン化した興味や活動」の2つの特徴を有し、コミュニケーションの目立った障害がないとされている障害です。言葉の発達の遅れがないというところが自閉症と違うところです。知的発達に遅れのある人はほとんどいません。

出典 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp

本作では、アスペルガーという"個性" を持ったシモンが、周りとは違う、というひとつ浮いた存在として描写されているが、ストーリーが進むにつれて、「アスペルガーだから」といった内容ではなく、それぞれの"個性" と、各々が、どう向き合い、どう解け合ってゆくのか。その大切さを感じさせられる。 

きっと、人対人として、自分とは違った相手を、どれだけ、受け入れることが出来るか。それは、色んな場面で、どんな人にでも、目の当たりにする壁なのかもしれない。

職場で、アルバイト先で、学校で、塾で、部活で、好きでたまらない趣味の集いの場で。

きっと、受け入れられないのは、受け入れてもらえるか、不安に思うからなのかもしれない。心を開いても、受け入れてもらえなかったら。そう考えると、心など、開かなければ傷つくことも無いから。そういった気持ちにもなるでしょう。

だけれど、そこで、自分を大切に守るだけでなく、目の前にいる、その人を大切に想えることが出来たら、理解はできなくても、受け入れることは出来るのかもしれない。

そして、受け入れることで、目の前にいる、その人に、受け入れてもらえるのかもしれない。

貴方は、誰になってミル?!

ラストのイェニファーがシモンを訪れるシーン。その、ラストカットが、たまらなく大好きだ。このワンシーンが、もう、この映画を象徴するテーマの根本である、といってもいいと思う程。

登場人物の誰になった気分で観るか、それだけで、色んな味のする、思いが過る作品なのかもしれない。

”次は兄サムになったつもりで”。”次はイェニファーになったつもりで”。

そんな風にして、色んな味わい方をしてから、誰になって観るのがタイプかを見極めたら、その時、また、改めて、私の、そして貴方の、フェイバリット映画になるのかもしれない。

自分の気持ちを誰に重ねて、どんなイライラを、どんなときめきを、味わえるのか、ぜひ、ご賞味あれ。

目黒シネマにて、5.9(土)〜 5.15(金)1週間上映!!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

IGG 。 このユーザーの他の記事を見る

平成3年生まれ。
好きなものを、好きなだけ。
毎日を彩る何かに、気付ける日常を。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス