絵文字といえば日本発祥で世界に広がった文化の一つ。今ではスマートフォンの普及によって世界中で当たり前に使われてます。

そんな絵文字ですが、SwiftKeyというキーボードアプリを開発しているイギリスの会社から、絵文字がどのように使われているのか、16カ国で調査した結果が公表されました。

もっとも使用される絵文字はやっぱり笑顔!

調査をしたどの国においてもウインクやキスなど笑顔を表した絵文字が最も人気があるようです。

絵文字カテゴリTOP5

1位 笑顔の絵文字 ------ 45% (ウィンク、キス、微笑み、笑顔など)

2位 悲しい絵文字 ------ 14% (悲しい絵文字、怒った絵文字)

3位 ハートの絵文字 ---- 12.5% (各種ハート)

4位 ハンドサイン ------- 5.3% (いいね、OK、ピースなど)

5位 ロマンチック系 ---- 2.4% (キスマーク、ラブレター、キスしているカップルなど)

一番人気の絵文字は『嬉し泣き』!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

ちょっと意外な気もしますが、確かに私も最近一番使っているかもしれません。

悲しい系で一番使われている絵文字は『号泣』

出典 http://www.dailymail.co.uk

各国で一番使われている悲しい系の絵文字は号泣の顔文字のようです。スペイン人が異様に多用しているのは何故なのでしょうか…

一番人気のハンドサインは『いいね!』

出典 https://www.scribd.com

ハンドサインではサムズアップが一番人気。やっぱりFacebookの影響だったりするのでしょうか。日本でもやっぱり使うなら『いいね!』な気がします。

フランス人は『ハート』使用率が圧倒的♡

出典 http://www.dailymail.co.uk

流石は愛の国フランス。圧倒的にハートの使用率が高いです。

出典 http://www.dailymail.co.uk

フランスでは笑顔の倍以上の頻度でハートが飛び交っているようです。

アメリカ人はLGBT絵文字を平均より30%多く使う

アメリカ人は平均より30%多くLGBT絵文字を使っているようです。そこにカナダとマレーシアが続きます。LGBT絵文字とは性的マイノリティーに対応した絵文字のことです。PhoneなどのiOSではiOS8.3からこのLGBT絵文字に対応しています。

出典 http://wired.jp

男女が手をつないでいる絵文字の下に、男性どうし女性どうしで手をつないでいる絵文字があります。また家族の絵文字も色々な組み合わせが表現されています。

カナダ人は暴力的!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

カナダの英語を話す人は平均より1.5倍暴力的?な絵文字を使うようです。上のグラフは、ううんんごほごほや、武器、お酒、お金、パンチなど暴力的な事にまつわる絵文字の使用頻度を示したグラフです。反対にドイツが最も使用頻度が少ないようです。

オーストラリアはアルコールの絵文字を多用

出典 http://www.dailymail.co.uk

オーストラリアは平均の倍近くアルコールの絵文字を使っているようです。トルコで使われないのはイスラム教圏だからでしょうか。ブラジル人とアメリカ在住スペイン人はビールが好き。

ロシアはやっぱり雪でした

出典 https://www.scribd.com

カナダ人はお下劣!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

上のグラフ、いわゆる卑猥な用途にカテゴリにされる絵文字の使用頻度を表しています。詳しく触れるのは控えさせていただきます…。カナダ人は他と比べて2倍上記の絵文字を多用するようです。

全般的にポジティブな絵文字が多用されている♡

全体を通して、70%の割合でポジティブな絵文字が使用されているようです。さらにフランスではポジティブな絵文字の使用率が86%にもなるそうです。やっぱりコミュニケーションの基本はポジティブ!

いかがでしたでしょうか。何気ない絵文字の使用率からお国柄が見えてきて面白いですね。(カナダ人が意外でしたが)今回の調査に日本は入っていませんが、日本の調査結果も気になりますね。

元記事にはもっと沢山の情報があるので興味のある方は見てみてください♪

元記事とSwiftKeyのレポートはこちら

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス