記事提供:cataso

雑然としたキッチンをスッキリしたい!とお悩みの方は多いのでは?限られた空間の中に食材、食器、調理器具、家電と沢山のモノが溢れてしまって、カウンターや調理台の上はモノの山…。

いざ料理しようと思っても作業がしにくかったり探し物ばかりでイライラ、なんて事はありませんか?料理がはかどり、来客時にも困らないようなすっきりキッチンが理想ですね。

TOPの写真はとあるお宅のキッチンをスッキリと使いやすく片付けた一例です。モノが溢れて雑然と使いにくそうなキッチンが、たった「5つのポイント」だけで、スッキリしたキッチンに生まれ変わりました。

■1. 必要最低限の家電や調理道具以外は外に出さない

TOPの写真では調理台の上のポット以外を撤去しました。カウンターや調理台はついモノを置いてしまいがちですが、それがスッキリ見えない一番の原因です。

「必要最低限の家電や調理道具以外は置かない」と決める事でスッキリ見える上に調理スペースも広がり、掃除もしやすく清潔に保つ事が出来ます。

全部が難しいようであれば、部屋から見える部分だけでもモノを置かないようにすればスッキリと見せる事ができますよ。

■2. カゴやBOXを使ってモノをまとめ、スッキリ見せる

物理的に全てを隠す事が出来ない場合や、出しておきたいモノは、カゴやBOXにまとめてみましょう。BOXにまとめるだけで整然と片付いてスッキリ見えます。

ただし、中身がパンパンで何が入っているのか分からない、なんて事にならないように種類別に小分けして把握できるようにしましょう。スッキリと見せるためには中が透けて見えない不透明なモノで洗って清潔に保てるプラスチック製のモノがオススメです。

■3. 「色」と「素材」を統一すれば、モノが多くてもスッキリ見える

複数の色や素材があるだけで、片付けていても雑多な印象を与えてしまいます。例えば写真のように白とステンレスで統一するだけで、シンプルで清潔感のあるスッキリとしたキッチンに見せる事ができます。

キッチンの色をベースに、色を限定してみましょう。ベースと同じ色に近い色、プラス差し色として1色加える、という感じで決めて行くと統一感が出やすいですよ。外に出しておきたいツールや家電などは特に色を決めて揃えて行くだけでスッキリと見えます。

■4. 「高さ」と「面」も統一すれば更にスッキリ感UP!

3つ以上同じモノを並べる事でキレイに見えるという法則をご存知でしょうか?収納用品を同じ物で揃える事で、大きさや高さ、面を揃える事が出来るので、整然とした印象を与える事が出来るという訳です。

■5. キッチンマットは敷かない

思い切ってキッチンマットを外してしまいましょう!キッチンマットはこまめに洗濯しないと雑菌の温床になってしまい非常に不衛生です。

キッチンマットを敷かないメリットは、何よりもスッキリして見える事。床が汚れてもすぐに掃除が出来るので衛生的ですし、洗濯物もなくなり、洗い替えのマットも不要となるので収納場所も不要です。

簡単な工夫でスッキリしたキッチンに大変身できる事が写真でも良く分かりますね。モノが多くても5つのポイントを実践すればグンとスッキリします。清潔で使い勝手も良いスッキリしたキッチンなら毎日の料理も楽しく作る事が出来そうですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス