こんにちは、シノヅカヨーコです。皆さまは「コイツとは結婚すべきじゃないな…」なんて地雷男と出会ったことはありますか?今回は、個人的な統計と経験から、地雷男を避け、より良い結婚相手とめぐりあうためにチェックすべきポイントをレクチャーしたいと思います。

1. 育ちの良さは「歯並び」でわかる!

あなたが恋人に育ちの良さを求める場合、チェックすべきポイントは「歯並び」です。歯並びは、人の顔立ちや表情に大きな影響を与えます。生まれながらに歯並びが良いという人もいますが、「幼少期~少年期」までに歯列矯正を経験しているという人も少なくありません。歯列矯正にはそれなりにお金がかかりますから、親が子どものために「投資」をしたかどうかのひとつの判断材料になるというわけです。

「歯並びキレイだよね」と声をかけて「小さいころに矯正していたんだ」と返ってきたらビンゴです。少なくとも、子どもに投資ができる経済環境と価値観を持ったご両親であると推定できます。

2. 親兄弟の話に対する反応で将来の彼が見える!

あなたにとって彼が少しでも将来を考えたい相手であるならば、なるべく早い段階で彼の家族について尋ねるようにしましょう。ここで重要なのは、彼の家族そのものではなく、彼の家族への価値観です。いい歳して「うちのババァが~」などと両親(特に母親)を卑下する男は間違いなく地雷です。あなたがもし将来彼の家族になったとき、彼は同じように外であなたのことを卑下するでしょう。

また、突然フクザツな家庭環境を打ち明けてくる男も地雷率が高いので要注意。自分の過去のエピソードを悲壮感たっぷりに打ち明けてくる人は、男女問わず地雷率が高めなのでぜひご注意を。

家族の話を振りづらい…という方は、「出身地の話」から徐々に詰めていくとベター。生まれた環境の話しを交えつつ、「そういえば、ご両親ってどんな方なの?」とライトに振ってみるといいでしょう。

3. 奢りがイイとは限りません!羽振りの良い男こそ注意

男女のお付き合いの話題になると必ずといっていいほど出る「奢りかワリカンか」問題ですが、羽振りが良すぎる男こそ注意が必要です。

彼がよっぽど高所得なら話は別ですが、羽振り良く高めの店をハシゴするような金銭感覚では将来が心配。結婚してからも羽振り良く振舞うクセが抜けず、金銭感覚のズレが夫婦のトラブルを招いてしまうというケースは意外と少なくないようです。また、羽振り良くクレジットカード会計をしていた彼が、実は毎月返済地獄に追いやられていたというケースも。

ただし食べる量や飲む量が明らかに違うのに、1円単位でワリカンを求めてくるような男性もそれはそれで問題です。そもそもワリカン要員としてしか見られていない可能性があります。

4. 彼との食事で生活の相性がわかる!

食事は生活の一部を垣間見る絶好のチャンス。ここでチェックすべきポイントは3つ。食事のスピード、食事のマナー、好き嫌いの多さの3点です。

食事のスピードでは「相手に合わせる力」が問われます。自分だけサッと食事を終えて、こちらが食べ終わるまでひたすら貧乏揺すりをしている…なんて男は、間違いなくやめておいたほうがいいでしょう。こちらの都合など一切無視で振り回すだけの男です。

また、口に物を詰め込んだまま喋ったり、箸の持ち方が滑稽だったり、見ていて不快なほど食事のマナーがなっていない場合は論外です。食事は生活の一部ですから、彼の食事する姿が不愉快なものなら、いずれ彼の存在自体を不愉快に思う日が必ずやってきます。

さらに、極端に好き嫌いが多い男性にも注意が必要です。嫌いなものを避ける男は、面倒なことや嫌なことから逃げる癖が強い傾向にあります。結婚生活における面倒ごとも逃げますよ。敢えて嫌いなものを食べろとは言いませんが、ピラフに混ざったグリンピースを一粒一粒避けるタイプの男は絶対に地雷です。だったら最初から頼むなよ…。

5. 彼の服装で「将来かけられる美容費」がわかる!

何年履いているかわからない裾のほつれた安物のパンツに、履き潰したスニーカー。服装に無頓着すぎる男性は、女性がファッションや美容にお金をかけることを理解できません。

「理解できないが許容はできる」タイプであれば特に問題はありませんが、そうでない場合、結婚後の会計において、今まで当たり前にかかっていた化粧品や美容院代を捻出しにくくなる可能性があります。

「また服買うの?」「化粧品って高いんだね」「伸ばしてるのに美容院行くの?」…たとえそれが常識的な範囲の出費でも理解されず、溜息混じりにチクチク言われてしまうなんてことも。美容に対する価値観がかけ離れていれば、当たり前の疑問かもしれませんね。夫婦共働き・別会計で自由に使えるお金があれば別ですが、妊娠中や産後など働けなくなった期間が出てきたときに割とモメるので、服装に対してあまりにも無頓着な彼には注意が必要です。

たとえユニクロやH&Mなどのファストファッションブランドのものでも定期的に服を買い替え、清潔感のある服装を心がけている男性は好印象です。そういった男性は同レベル程度の清潔感を妻にも求めますから、化粧品やヘアサロン代などの出費に対する理解も得られやすいでしょう。

いかがでしたか?婚活中の方はぜひチェックしてみてくださいね!
※すべて個人的な経験に基づくものなので「当てはまんねーよ!」なんて方もいるかもしれません。そのときはご容赦ください。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら