資生堂が2020年のメイク予想とともに今までの100年のメイク変遷を再現しました

西洋化粧が一般的に取り入れられるようになった、1920年から現在に至るまでの化粧の変遷を1名のモデルで再現

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

これが本当に同じ人!?と思えるほど、時代によって顔や雰囲気が全然違うので驚きです。1920年から2020年までの変遷ぶりは見ていておもしろいですよ。

1920年代/大正ロマンのモダンガール

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

銀幕の女優や欧米のスターアイコンがお手本になった時代。1920年代は細く下がった眉、目尻にシャドーを入れたタレ目、薄いおちょぼ口など、非常に頼りない表情ですが、日本の伝統的な化粧とよく似ています。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

これから出てくる過去のメイクは、現在と少し通づる部分がありますが、この1920年代のメイクはこの時代だけのものな気がします。現在に残っているポイントは皆無ですよね…。レトロ感満載です。

1930年代/銀幕女優への憧れ化粧

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

その後1930年代になると、アーチ型につり上げた眉と、アウトカーブで大きめに描いた唇に変化。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

サザエさんみたいに見えたのは私だけでしょうか…?はっきりめのメイクですね。リップの色の強さが中心になっています。この唇、”大きめに描いた”とありますが…わざと大きめに見せるメイクがトレンドだったんですね。

1950年代/アメリカンスタイルとヘップバーンがお手本

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

戦後である1950年代になると、意志の強そうな角型の太い眉と、アイラインでキリッとつり上げた目もとが流行し、復興期の日本の力強さを読み取ることができます。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

かなりくっきり、はっきりしたメイクです。女性の内面に秘めている強さがメイクにも表れていたのでしょうか。オードリー・ヘプバーンの映画が大ヒットしていた時代なのでショートカットもトレンドだったようです。

1960年代/欧米志向真っ盛り 西洋人形風

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

1960年代~1970年代前半は、日本人が本格的に世界を意識し始めた時代です。特にメーキャップに関しては、伝統的な3原色から脱却し、口紅に淡いシャーベットトーンが登場し、メーキャップの幅が格段に広がりました。女性のファッションアイコンは映画女優から、コーマーシャルで活躍するモデルへと移行します。

それに伴い、上瞼に二重ラインを描き、大げさなつけまつ毛を付け、立体的な眼の大きな西洋人モデルのようなアイメーキャップが流行します。肌に関しては、西洋志向のピンク系の明るい肌が主流ではあるものの、日本史上初めて日焼け色の肌が大流行した時代でもあります。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

バービー人形みたいなメイクにファッション。この時代頃からメイクの幅やカラーも広がったようですね。今こういったメイクやファッションをすると60年代風と言われますが、やはりこの時代にはこのメイクとファッションというのが象徴だったんですね。

1970年代前期/フォークロア調アンニュイなヒッピースタイル

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

1970年代に入ると、ベトナム戦争、反戦運動、ヒッピーの登場、石油ショック、急激な工業化による公害問題など、戦後急成長する日本に暗い影を落とします。それに伴いメーキャップは、60年代に元気につり上がっていた目もとが、目の下にシャドーの入ったタレ目風になり、眉は非常に細く薄く、全体的に退廃的な雰囲気が主流となります。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

1970年というかなり前の時代に、こういうメイクが流行っていたのにはビックリしました。今より少し前に流行った盛りメイクに通づるものがある…?かえってとても斬新なメイクがトレンドだったんですね。

1970年代後期/欧米志向を脱却 日本美を見直し

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

1970年代後期は、それまでの欧米中心の価値観では、マイナーだった存在の日本人が国際舞台に立つようになりました。日本人デザイナーがパリコレクションで認められ、日本人モデルももてはやされます。「西洋人のようになりたい」というコンプレックスを脱し、日本人固有の美しさを見直すようになります。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

なんだかクレオパトラみたいですね。欧米っぽくありますが、黒髪や濃いリップなどで日本人女性の原点に戻りつつあるメイクです。今も昔も欧米に憧れるのは同じですが、そこを経由するとやはり日本美が良いという再発見につながっているのでしょうね。

1980年代初期~中期/ジャパンアズナンバーワンのキャリアウーマン

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

景気が上昇し「ジャパンアズナンバーワン」と言われた1980年代になると、キャリアウーマンブームを迎え、ファッションもサーファーファッションやカラス族など、多様化が始まります。

それまで20年間にわたって細く薄くなる一方だった眉が、一気に太く濃くなります。「ナチュラルだから」といいながら、実際にはかなり太く濃く、強い印象のメーキャップとなります。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

全体的に、赤やピンクといった明るい色が使われていないメイクだったんですね。キャリアウーマンブームだったそうですが、キャリアウーマン=クールというイメージだったのでしょうか。若干顔色が明るく見えないようなメイクに感じます…。

1980年代後期~1990年代初期/バブル期のワンレン・ボディ・コン にわかお嬢様

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

キャリア志向の末に世界一のバブル景気を迎えた日本の女性たちは、やがて強さと女らしさを使い分けるようになり、徐々にワンレン、ボディ・コンの女らしいスタイルへシフトします。その後、はっきりとした色の特徴的な口紅以外の化粧は薄くなり、目もともごくナチュラルなものとなります。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

バブル時代を象徴しているようなメイク&ファッションですね。眉は太めなので今と少し似ている点かもしれません。でも、髪型やパキッとした色のリップの色もどことなく現在のトレンドに回帰しているような気もします。

1990年代後期~2000年代初期/ミレニアムのヒカル クールビューティー

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

1990年代後半から茶髪・細眉・小顔メークで女性たちの美容熱はヒートアップしていきます。ファッションも流行が先行層から裾野へと広がる、ピラミッド型から変化していきます。ギャル層、OLエレガント層、裏原系など、ピラミッドの山は幾つも細分化され、多様化に向かいます。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

安室奈美恵さんを真似るアムラーが社会現象となり、細眉が一世を風靡していました。現在では考えられないほど細眉ですよね。この頃、男性ではシャ乱Qのつんく♂さんもつりあがった細眉をしているほどでした。コギャルと呼ばれる女子高生がトレンドを作り出していた時代です。

2000年代中期~後期/モテ気分の盛化粧

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

2000年代の女性たちは、ヘアエクステ、まつ毛パーマ 、まつ毛エクステ、黒目強調コンタクト、ジェルネールなど、化粧品だけでは表現できない領域の、美容表現にまで手を広げ、空前の美容ブームが到来します。

化粧品以外の手段も駆使して、盛りに盛ったヘアメークは、どこまでも白熱し拡張するかに思えましたが、東日本大震災という大きな出来事で分岐点を迎えます。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

いろいろなメイクアイテムを使って”盛って”メイクするのが流行った時代。特にアイメイク周辺は元の状態がどんなのか想像がつきにくいくらい、盛りに盛ったメイクをしていた人も少なくありませんでしたね。

2011年3.11以降/癒し愛され・ゆるふわ化粧

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

自分にとって本当に必要なモノは何かを自問自答し、自分自身を見つめ直した女性たちの化粧は、一気に肩の力が抜けナチュラルに回帰していきます。癒しを求め日本女性が本来好むカワイイ表現として、涙袋メークや湯上りのぼせチークが現れます。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

ゆるふわという言葉が流行っていましたが、写真を見てみるとたしかに数年前のトレンドメイクだったような気がします。リップの色も淡く、全体的にやわらかい印象がしますよね。ロングヘアのゆるふわウェーブの女性も多く見ました。

2010年代中期/にわか好景気の バブルリバイバル

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

眉の色は明るくなり、ブライトカラーで口もとに色味が戻ってきます。2000年代メークの色味は技術の進化とともに、なじみ系ヒューマンカラーの長い流行を経て、現在色戻りの時代となっています。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

ちょうど今のトレンドメイクですね。変遷をたどってきて現在のメイクを見ると、原点回帰?のような、昭和の頃に戻ったような感覚に陥ります。眉も太め、唇もぽってりビビッドな色です。

2020年/ジャパンカラー

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

日本古来の化粧の三原色である「赤」「白」「黒」を基調としたメーキャップを提案します。透明感のある肌や目頭の輝きを表現する白、目のフレームを際立てる黒いアイラインと赤い口紅など、和装メークで施す目の縁にさす紅を、黒いアイラインの縁にもさします。和の化粧を現代風にアレンジし、日本女性の凛とした美しさを表現しました。

出典 http://hma.shiseidogroup.jp

東京オリンピックが開催される頃の日本女性のトレンドメイクの予想はこんな感じだそうです。日本ならではのクールビューティーが全面に出ているような感じがしますね。未来なのにどこか懐かしい、昭和のにおいさえしてきます。

結局はトレンドメイクも何年かして戻ってくるのかも

1920年代から将来の2020年までのトレンドメイク変遷、おもしろいですよね。こう見てみると、時代を反映してはいますが、何十年か経つとまた過去に流行ったメイクが戻っているような気がします(ファッションもそう思います)。

5年後の2020年、資生堂が予想したメイクが流行るのか、はたまたもっと過去のメイクが流行ったりするのか、どういうトレンドになるのか楽しみです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス